カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

モータリゼーションの世紀 T型フォードから電気自動車へ

著者:鈴木直次
発売元:岩波書店

 

目次

プロローグ―激変する世界の自動車産業
第1章 アメリ自動車産業の誕生と成長
第2章 アメリ自動車産業の「黄金時代」―その光と影
第3章 「黄金時代」の揺らぎと「日米逆転」
第4章 ビッグスリーの「復活」と米国自動車産業グローバル化
第5章 GMの経営破綻
エピローグ―二一世紀のビッグスリーアメリカの自動車文明の行方

 

感想

 

サブタイトルは「T型フォードから電気自動車へ」

 

モータリゼーションの歴史ということで、やはり、アメリ自動車産業の話が中心。ってか、アメリカの話ばかり。

 

ぎゃくに、アメリ自動車産業の話をここまで事細かに、記載している本はないかもな。UWAが自動車メーカーにナニを要求し、アメリカに進出する日系の自動車メーカーはそれにどのように対応したか?とか、クライスラーAMCを何故に買収して、その資産をどのように活用したか?とか。

 

日本や、ドイツの自動車産業に関する書籍は数多い中で、この本は異色ですな。

 

そして、何よりおもしろい。

 

いまだに世界の自動車産業をリードし、自動車産業のルールを作っているアメリ自動車産業のお話が、よくわかって素晴らしいですな。

 

モータリゼーションの世紀――T型フォードから電気自動車へ (岩波現代全書)

モータリゼーションの世紀――T型フォードから電気自動車へ (岩波現代全書)

 

タイトル:モータリゼーションの世紀
著者:鈴木直次
発売元:岩波書店
おすすめ度:☆☆☆(良いですよね)