WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

東京人 2021.04

発行元:都市出版

 

東京人 2021.04のまとめ

シティ・ポップとは、なくなってしまったオシャレな東京を歌った曲のことなんだとおもう。風街じゃないけれど、もう、その曲に歌われているような街は、どこにもないんだよな。そんな東京に思いを寄せるのがシティ・ポップなんだよ。そんな場所を探して、のんびりとドライブする時に最適なんだよな。シティ・ポップって。

 

東京人 2021.04を読んだ理由

そりゃ、シティ・ポップことニューミュージックは好きだからね。ジャパニーズAORとも言われてますが。

 

東京人 2021.04を仕事に活かせるポイント

とくになし

 

東京人 2021.04の感想

今月号の特集は「1970-80年代TOKYO シティ・ポップが生まれたまち」。もう、江口寿史の表紙が最高。この特集はたまりませんな。

 

フォーク・ソングに対するアンチテーゼとして生まれてきたのがニューミュージック≒シティ・ポップだという認識でした。それはそれで間違いはなさそうなのだけれど、どうやらそれだけではないらしい。そんなことが、松本隆さんをはじめとした当事者のインタビューから見えてくる。東京近郊出身の若者たちが、様々な洋楽を浴びるように聞き、それをきっちりと消化させ、熟成させた音楽なんだな、と。なので、暑苦しい成り上がり感も、ジメジメした悲壮感も、ない音楽となっている、と。だって、フォーク・ソングでは憧れや、反抗の対象となっていた東京がすぐそこ(少し離れている場所)にあるんだからね、と。

 

とはいえ、そんな細かいうんちくはどーでもいいのだ。「メジャー7thが持ち込まれた」と言われても、全くわからないのだ。わたし、音楽的なセンス皆無なので。

 

ただ、山崎まどかさんの言うように「自分が憧れていた大人の東京は、自分が大人になった時にはもう存在していなかった」のですな。

 

そんな音楽を流しながら、のんびりと都内を走りたいわけですよ。個人的には「ティン・パン・アレー」と「ピチカート・ファイヴ」が好きですね。

ピチカート・ファイヴは、野宮真貴がヴォーカルの時代が好きなので、そう考えると渋谷系ですね。

 

そんな今月号を読んでいたら

 

 

を読みたくなりましたな。

あと、台湾のイラストレーター、ガオ・イェンさんのイラストが素敵。彼女の作品を集めよう。

bunshun.jp

 

 

タイトル:東京人  2021.04
発行元:都市出版

科警研のホームズ 絞殺のサイコロジー

著者:喜多喜久
発行元:宝島社

 

科警研のホームズ絞殺のサイコロジーのまとめ

東啓大に新設された「科学警察研究講座」が舞台のミステリー作品。講座のトップが元科捜研のトすごい人ということで、協力的な科捜研からやってくる本当の捜査ネタ。本職の刑事ですらうまくいかなかった事件を、それも過去の事件に学生二人が、科捜研から派遣されてきた研究員の北上と挑む物語。目を背けたくなるようなオドロオドロしい表現はなく、一気に読めてしまう一冊。だけれども、最後の大どんでん返しに驚く!

 

科警研のホームズ絞殺のサイコロジーを読んだ理由

頭がポンコツになってしまった私のリハビリ

 

科警研のホームズ絞殺のサイコロジーを仕事に活かせるポイント

とくになし

 

科警研のホームズ絞殺のサイコロジーの目次

第一話 悲劇を招くアヴォケイション
第二話 転落ケミストリー
第三話 隠匿されたデッドリー・シン・ポイズンアドレナ
第四話 絞殺のサイコロジー

 

科警研のホームズ絞殺のサイコロジーの感想

舞台は東京大学をモデルにしたと思われる、東京は本郷にある東啓大学。この大学の理学部の開設された寄付講座「科学警察研究所講座」が中心に話が進む。この講座は警察庁の協力を得て開設された講座であり、科研警の分室として機能しながら、学生を育てることを目的にしているという。

ちなみに、科研警は将来の事件に備える部署であり、科捜研は今起きている事件に対処する部署なんだそうな。

私のようにポンコツなってしまったあたまにはいろいろと難しいのだが、とりあえず大学の講座は科研警の分室ということで、学生の二人は新たな科学的な捜査方法を見つけようと奮闘するワケです。

そんな調査研究の流れから見つけたヒントで、事件を解決してしまうのが科研警のホームズと言われている指導教授。

指導教授の鋭さに素直に感心する男子学生と、なにか言いたげな女子学生。この二人を中心に繰り広げられる上質なミステリーですね。

 

 

タイトル:科警研のホームズ 絞殺のサイコロジー
著者:喜多喜久
発行元:宝島社

アウトラインから書く小説再入門 なぜ、自由に書いたら行き詰まるのか?

著者:K.M.ワイランド
発行元:フィルムアート社

 

アウトラインから書く小説再入門のまとめ

どっちに向かって進むのか?いったい何を伝えたいのか?そもそも登場人物って?作品を作る際に必要な要素をしっかり洗い出しましょうってことですね。いきなり、書き始めちゃだめってこと。このアウトライン、つまり骨子づくりがすべての肝になるってことですね。私も、しっかりとアウトラインの作成からはじめよう。

 

アウトラインから書く小説再入門を読んだ理由

しっかりとした作成が作りたかったので

 

アウトラインから書く小説再入門の中で仕事に活かせるポイント

とくになし

 

アウトラインから書く小説再入門の目次

第一章 アウトラインは必要か?
第二章 アウトラインを作る前に
第三章 一文で物語を表す「プレミス」のまとめ方
第四章 全体の下書き(ゼネラル・スケッチ)点と点をつなげる
第五章 全体の下書き(ゼネラル・スケッチ)基本要素を見つける
第六章 人物像の下書き(キャラクター・スケッチ)バックストーリーを創る
第七章 人物像の下書き(キャラクター・スケッチ)人物インタビュー
第八章 舞台設定でユニークな世界観を作る
第九章 詳細アウトラインで物語を育てる
第十章 聖書番アウトラインでロードマップを描く
第十一章 アウトラインを活用しよう

 

アウトラインから書く小説再入門の感想

久しぶりに作品を書こうと思った。頭のリハビリに。先崎学さんの「うつ病九段」を真似て。まだ、そこまで回復していない感じだけれどね。

で、いろんな参考書を手にとって見るわけです。そして文章を書く為のリハビリをするわけです。

そして、思うのですよ。

こんなふうに作品を、文章を書いたことあったかな?って。

人生で一番、作品を書いていたのは、大学時代だ。お小遣い稼ぎと、就職活動の意味を込めて頑張ってた。ただ、質はなーって思っていたわけですよ。質、クォリティというより「なんだ、最後まで書ききってないじゃないか」というか「俺、なんの話を描いていたんだっけ?」という状態に陥る。

なんで、そうなったのか?

あぁ、アウトラインをちゃんと作ってなかったんだな。

この本を読んで再確認するわけですよ。

 

 

タイトル:アウトラインから書く小説再入門 なぜ、自由に書いたら行き詰まるのか?
著者:K.M.ワイランド
発行元:フィルムアート社

地の果てのありえない物語 地球最後の秘境45のエピソード

著者:クリス・フィッチ
発行元:日経ナショナルジオグラフィック

 

まとめ

ものすごくふつーのことですが、地球には、まだまだ知らない場所がたくさんあるんだねぇ。そして、21世紀のいまになっても、秘境という場所があることにびっくり。その秘境は「人を寄せ付けないほど自然が険しい」場所もあれば、「人が環境を破壊してしまったために、人が近寄れなくなった」場所もあるんだよね。そう考えると複雑な気持ちになってしまうわけですよ。

この本を読んだ理由

地球環境に思いを寄せて

仕事に活かせるポイント

とくになし

目次

極限環境
未踏の地
人間の活動
奇妙な世界
隔絶された場所
大自然の荒野

感想

ナショナルジオグラフィックの書籍は、地球の果てにまで思いを寄せる事ができるのでいいですね。秘境です。秘境。21世紀にもなって「人類が踏み入れたことがない場所なんて宇宙以外にないだろう」なんて思っていた私が間違っていました。地球上には、まだまだ知らない場所がたくさんあるんだねぇ。

ただ、その秘境は「人を寄せ付けないほど自然が険しい」場所もあれば、「人が環境を破壊してしまったために、人が近寄れなくなった」場所に分けることができるんだよね。チェルノブイリ周辺なんて、後者のわかり易い例だしな。キプロスや、朝鮮半島の非武装地帯もその仲間に入るかな?

ただ、人類の営みによって「秘境」とされてしまった場所に、豊かな自然が戻ってきているっていうのも、なんというか。

福島第一原発事故によって立ち入りが禁じられた地域周辺も、そうなんだよねぇ。

 

 

タイトル:地の果てのありえない物語 地球最後の秘境45のエピソード
著者:クリス・フィッチ
発行元:日経ナショナルジオグラフィック

あんぽん 孫正義伝

著者:佐野眞一
発行元:小学館

 

まとめ

同じ本であっても、時間をおいて読み返すと、いいことがあるものです。最初に読んだのは初版が登場したに直後。だから、今から十年前。その時は、素直に孫正義さんの境遇を「スゲー」と思っただけでした。十年ぶりに読んで感じたことは、孫正義さんのお父さんがスゲーってことです。ビジネスセンスというか、時流を読むことの鋭さが、流石ですわ。また、十年後に読むと違うことを感じるのだろうな。

この本を読んだ理由

また、孫正義さんのことを知りたくなったので

仕事に活かせるポイント

突然、羽振りがよくなった人には近寄らないこと

目次

プロローグ
第一章 孫家三代海峡物語
第二章 久留米から米西海岸への「青春疾走」
第三章 在日アンダーグラウンド
第四章 ソフトバンクの書かれざる一章
第五章 「脱原発」のルーツを追って
第六章 地の底が育てた李家の「血と骨
第七章 この男から目が離せない
あとがき

感想

「あんぽん」というのは、孫正義さんの日本名であった安本から作られた言葉。

在日韓国人ファミリーであることを隠さず、孫という名字で日本国籍を取得し、ソフトバンクを日本有数の大企業に育て上げた男。孫正義さんの内側、腹の中、彼が創り上げられた環境の裏側にまで迫った一冊。

2012年、はじめて世の中の目に触れた当初は「こんなところまで書いちゃって良いのでしょうか?」という意味で、世の中がざわついた本。

まぁ、そりゃ、そうでしょう。戦中戦後、在日コリアンの人々がどのような生活を送り、そのなかで孫正義さんはどうやって育ってきたのか?が事細かに記されているのだものね。

で、それから約10年ぶりに本書を取ってみる。「そーいや光の道とか言ってたな」とか「脱原発もいいけれど、山を削って、自然破壊してまで設置した太陽光パネルについてはどう思ってるのだろう?」なんて、思いながら、読み進める。

いつの間にか、興味の中心は孫正義さん本人ではなく、お父さんの安本三憲に移ってしまった。

なんだ、このおっさん、面白いぞw

在日二世として生まれ、戦後の混乱期を生き抜いてきたオッサン。このおっさんもすごいけれど、同じくらい、このおっさんのお母さんもすごかった。つまり、孫正義さんのおばあさんも、すごかった。

勤勉ですね、の一言じゃ、片付けられないんだよな。時流を読む感の鋭さと、頭の回転の良さ、そして、なにより肝が座っている。

そりゃ、こんな家庭であれば、孫正義さんのような若者はそだつよ。

そして、このお父さんであれば、自分が血を吐いて死にそうになっている時、息子が高校を辞めて「アメリカに行く」と言ったら、反対しないで送り出すよな。そして、その後も息子の背中を押し続けるよな。

この本は孫正義さんのお父さん、安本三憲さんの物語として読んでも面白いなぁ。

 

 

タイトル:あんぽん 孫正義
著者:佐野眞一
発行元:小学館