カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

デジタトランスフォーメーション 破壊的イノベーションを勝ち抜くデジタル戦略・組織の作り方

 
著者:株式会社ベイカレント・コンサルティング
発行元:日経BP
 

まとめ

 
CDOを作れと言われましても、徹底的なCX思考と言われましても、「言われてできるようなら、もうやってるよ」と答える企業が多そうですな。でも、そんな反論をしている時点でだめなんだろうな。時代の流れは速すぎる。この流れに乗るのか? 乗らないのか? ただ、それだけですな。
 

この本を読んだ理由

 
デジタルトランスフォーメーション、いわゆるDXについて情報収集中のため、読みました。
 

仕事に活かせるポイント

 
「いやいやいや。DXったって、デラックスでしょ?マツコデラックス的な」なんて親父ギャグで切り返してきた人に対しての打ち返しとして、使えます。
 

目次

 
第1章 デジタル技術が変える近い将来
第2章 デジタル時代に対応できない企業の末路
第3章 なぜ、デジタル時代への対応が遅れたのか?
第4章 デジタルトランスフォーメーションの本質
第5章 デジタル戦略の構築と実行
第6章 デジタル組織への転換
 

感想

 
デジタルトランスフォーメーションの話を求められることが多くなってきたので、この本を読んでみたわけです。そして、思いました。デジタルトランスフォーメーションのデジタルって、なんだろうね、と。IT技術とか、インターネット≒Webのテクノロジーを使った業務改善っぽい話であることは理解できるのだけれど。でも、それなら、デジタルトランスフォーメーションなんて言わずに、「ITトランスフォーメーション」とか、「Webトランスフォーメーション」と言えばいいんじゃないかしら? なんて思ってしまう。
 
そもそも、デジタルってなんなんだろうね?
 
この本を読んでも、もちろん、他の本を読んでも、わからなかった。
 
CDO、チーフデジタルオフィサーを置きましょうと言われましても、CDOがデジタルトランスフォーメーションの責任者ですと言われましても、その「デジタル」って、なんなんだろうね? と言うことを思ってしまった。
 
そんな重箱の隅をつつくような話は、横に置いておきましょう。
 
ちなみに、ウィキペディアだと「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」こと(デジタルトランスフォーメーション )なんだけれど、「だったら、ITトランスフォーメーションじゃん」
という話はおいておこう。
 
そんなへりくつをこねている間に、時代はどんどんどんどん先に進んでしまいますよ、と。そして、時代が進むにことにより、消費者のIT技術、ITスキルも向上してしまい、そんな顧客が満足するようなITサービスを、デジタルサービスを提供するのは、並大抵のことではない。あらたなビジネスモデルを構築するようなお話ですよ、ということを、本書は伝えたいのだと感じましたな。
 
あらたなビジネスモデルを生み出すと言うことは、組織も、考え方も、新しく進化しなければならない。そのためには、デジタルトランスフォーメーションの社内責任者を置くべきだ、と。その責任者はCDOであるとな。
 
で、そのCDOが行うことは、重要なのは自社に必要なデジタル戦略を、顧客目線で定義することだと。
 
重いなぁ、重い。
 
顧客目線でサービスを定義することは、デジタルの世界でなくても、なかなか難しいからな。
 
そして「なぜ、顧客目線でサービスを定義する必要があるのか?」ということですが、その理由は、本書に書かれているこのことだと思う。
 
消費者の欲求は、「どのような経験(コト)ができるのか」という点に移ってきている。デジタルサービスを使うことで得られる「わくわく感」であったり、「こんなことができるのか」という「驚き」であったりする。他人とつながることで「自己重要感」を得ることもできる。デジタル技術がこうした「モノからコトへ」のトレンドを加速していることは疑う余地はない。
 
顧客の視線が、顧客の思考が、モノからコトに移り変わっている。
 
そんなコト思考の顧客にたいして価値を提供していくためには、顧客目線でサービスを定義することだとな。
 
うむ。
 
頑張ろう。
 
 

 

 

赤塚不二夫生誕80年企画 バカ田大学講義録なのだ!

著者:泉麻人みうらじゅん久住昌之会田誠鴻上尚史坂田明茂木健一郎三上寛宇川直宏養老孟司喰始浅葉克己、河口洋一郎、原島博
発行元:文藝春秋

 

 

まとめ

赤塚不二夫先生、誕生80周年を記念して、東大で行われた講義をまとめた本。東大でバカ田大学講義録なのだ! すごい、しゃれが効いていていいなぁ。こういう頭の柔らかさこそが、赤塚不二夫先生の教えなんだろうな、と一人で納得。やっぱ、日本におけるギャグ漫画の神様ですよ。「秘密のあっこっちゃん」のような、少女漫画も書いているのがすごいですけど!

 

この本を読んだ理由

 

バカ田大学講義録なのだ!」というタイトルにやられました。すごい秀逸。中洲産業大学と同じくらい秀逸w

 

仕事に活かせるポイント

バカになれることこそが、発想の限界を超えることができるポイントなんでしょうな。

 

目次

バカ田大学とは
バカ田大学校歌
泉麻人 シェーとは何か?
みうらじゅん 人生論
久住昌之 旅はよそ見と道草でいいのだ
会田誠 僕のバカアート
鴻上尚史 コミュニケイションの達人になれるといいのだ
坂田明 役立たずのあり方とミジンコについて
茂木健一郎 創造性のばかちから~天才の方程式
三上寛宇川直宏 飢えた子供の前でコニャニャチハは有効か?
養老孟司 バカと天才の壁
喰始 バカの力!
浅葉克己 デザインを血肉化する
河口洋一郎✕原島博 漫画とデジタルコンテンツ
赤塚えり子 おわりに~「リッパなバカ」になるために

 

感想

本書は2015年12月1日~翌年3月末まで、東京大学で開催された「赤塚不二夫先生生誕80年企画『バカ田大学』」の内容をまとめたモノ。

 

すごい。東大で、バカ田大学の講義。この流れで、中洲産業大学の講義も、やってほしかった。

 

ドンピシャの赤塚不二夫世代で育った方々が、赤塚不二夫先生について熱く語る。語るのだけれど、全く赤塚不二夫の作品に触れていない人も。

 

「なんなんだよ!」と、思ってしまいましたが、そういう発想がだめなんだよな。

 

バカじゃない。

いや、バカになれない。

頭が固くなりすぎている。

天才になれない。

 

そして、天才と秀才は違うのだと、東大に通い詰めた茂木健一郎さんや、養老孟司さんが語るのが素敵。

 

バカボンのパパのような、頭の柔らかさが欲しいです。

 

そして、赤塚不二夫先生は手塚治虫先生と、並び称される立場にあるとは、知らなかった。。。

藤子不二雄先生や、石ノ森章太郎先生と、同じ仲間だと思っていたのに。

 

もっともっと、赤塚作品を読まなければ。

 

 

 

Number 999

発行元:文藝春秋

 

まとめ

ノムさん追悼記念号です。ヤクルトのユニフォームを着て、笑う。その表紙にやられました。永久保存版です。Kindleで買って、読んだんだけれど。野村監督はプロ野球を文学に昇華させましたね。ご冥福をお祈りします。

 

この本を読んだ理由

日本プロ野球界で最も好きな選手というか、監督というか、野球人である野村克也さんの追悼記念号ですもの。そりゃ、買いますよ。

 

仕事に活かせるポイント

データ活用の重要性。なぜ、その選択肢を選んだのか? その選択を裏付けるデータが無ければ、人は信頼しない。そして、信頼を得るには長い説明を必要としないときもある。

 

感想

ノムさん。野村監督。私の記憶の中にある一番古いノムさんは、たしか、サンスポの評論家をしていたとき。なんだろう?このおっさんは。子供心に、そう思っていたのが、一番古い記憶だと思う。田淵や、江夏がいた時代から西武ライオンズファンだったので、もしかすると西武の試合でノムさんを見かけていたのかもしれないけれど、クローザーとして出てくるキャッチャーに、あまり興味が無かったのだろう。

 

そして、ノムさんの記憶が強烈に残っているのは、森西武と死闘を繰り広げた日本シリーズのことですな。1992年、1993年の日本シリーズですね。もう、何があっても日本シリーズは西武を応援する私なのですが、この2年だけは「野球って面白いなー」って画面にかぶりついていました。7試合で終わってしまうのがもったいないな、と。

 

そんなノムさんの追悼号。

 

巻頭インタビューは盟友にしてライバルであった森祇晶さん。

 

さすがです。古田や、高津、マー君のようなチルドレンでもなく、江夏や、江本、山崎のような再生工場組でもなく、現役時代から、監督時代まで、しのぎを削り合った森祇晶さんを連れてくるのですもの。

 

そして、チルドレンや、再生工場組も、登場する。また、ヤクルト時代に先乗りスコアラーを務めた安田さんも登場する。

 

野村野球のベースとなるデータだものね。

 

でもね、このデータをちゃんと選手に伝えて、理解してもらわないと、チームは回らないのですよ。

 

その伝え方にもコツがいる。

組織作りとは、人作り。

伝え方のコツを、組織のトップである監督が、身につけていなければ、何もはじまらない。

 

口下手だった野村監督は、評論家時代に、話すスキル、説明するスキルを身につけたのだという。

そう考えると、わたしもまだまだいけるな。

 

日本プロ野球を文学に昇華させた、野村監督。

シンキングベースボールを、少年野球にまで浸透させた、野村監督。

天国でサッチーと幸せな日々を送ってください。

 

あと、DeNAベイスターズは、イイチームだね。南場さんは、チームを、横浜を愛しているのが伝わって素敵です。そして、ラミレス監督。明るさと、データを駆使する緻密さが、ベイスターズの強さを作っているのですね。

 

いやはや、プロ野球が堪能できるNumberでした。

 

 

 

ナショナル ジオグラフィック 2020.2月号

発行元:日経ナショナルジオグラフィック

 

まとめ

美しさは多様になると言いますが、美容整形と、エステと、化粧の技術が上がったので、みんな同じようになっている気がするんだよな。そして、アメリカの懐の深さが感じられますな。もちろん、保守本流的な考えもあるけれど、それと同じくらいに多様性も受け入れようとするのがすごいな。バッファローのいるアメリカの大平原をクルマで走ってみたいですな。

 

この本を読んだ理由

月に一度の頭の整理

 

仕事に活かせるポイント

価値観というのは永遠ではないということですな。そのとき正しいと認められていた価値観であっても、時間がたてば変化する。

 

目次

FEATURES
多様になる美しさ
米国最後の奴隷船
分断される大草原
フラミンゴのボブ
カルダモンの森へ
PROOF
生命がつながる辺野古の海
EXPLORE
消えゆく氷に登る
クマムシはなぜ強い?
森の安らぎ
タロットカードは語る
バッタの大発生
THROUGH THE LENS
嵐の雲を追いかけて

 

感想


今月号のカバー特集は「多様になる美しさ」ですな。プラスサイズモデルをはじめ、いろんなモデルが登場したものなぁ。でも、美容整形と、エステと、化粧の技術が上がったので、みんな同じようになっている気がするんだよな。それぞれの分野で。

 

そんな美しさのお話よりも「米国最後の奴隷船」と「分断される大草原」という特集がよかったな。1860年アメリカに向かった最後の奴隷船クロティルダ号。すでに奴隷貿易が禁止されていた時代に動いた、最後の奴隷船。そして、その船によって運ばれた奴隷が解放され、アラバマ州モービル周辺に住み着き、アフリカタウンを作り上げた。すごいよな。わずか150年前のことだよ。その150年の間に、アメリカの価値観はここまで変わったんだよな。

そして「分断される大草原」。こちらはモンタナ州のお話。ここにバイソンが走り回る自然を復活させようというお話。先住民の居住区があったり、いろんな条件が重なった場所なんだよな。

 

最後に「生命がつながる辺野古の海」。なぜだろう? なぜ、基地反対派はこのような話をせずに、ひたすら武力闘争をするのだろうか。そして、自然が豊かなのは辺野古の海だけじゃないんだよな。

 

 

ナショナル ジオグラフィック日本版 2020年2月号[雑誌]
 

 

 

 

日経ビジネス  2020.03.16

発行元:日経BP

まとめ

 
終身雇用と年功序列。この2つの単語、実物を見てみたいですわ。なーんのセーフティネットも無かった、山一証券倒産後に就職活動を経験した世代にとって、「働かないで偉いポジション居座れる」なんてありえない世界かと。
 

この本を読んだ理由

 
週に一度の頭の整理
 

仕事に活かせるポイント

 
ジョブ型だよな。てか、仕事が定義されないで、ジョブローテーションで変わるとか、あまりありえないよな。
 

感想

 
今週号の大特集は「どうする?働かないおじさん 終身雇用崩壊後のサバイバル」。これは50代以降でしょうな。バブル入社組。もしくは、山一証券倒産前まで。まぁ、その後でも、親方日の丸的な企業に入社しちゃうと年功序列や、終身雇用が生きているのですけれどね。でも、私は安心だ。新卒でそんな企業に入社したことないし、いくつかの会社を転職したけれど、それらの会社でも、見かけたことのない制度。ずっとジョブ型ですよ。ジョブ型。
ジョブ型であれば、新卒一括雇用もなければ、定年退職もなくなるんだろうな。ジョブディスクリプションで定義された仕事をこなさなければ採用すらできないし、できなくなったら、さようならだし。そして、自分で職務範囲を広げる努力をしなければ、給料も上がらないしな。
 
新型コロナウィルスの影響で完全に、終身雇用と年功序列は崩壊するから「大変だなぁ」と他人事です。だって、もう、そういう世界に生きているから。
 
で、そんな今週号で、他に面白かった記事
 
「コロナショック 戸惑う外国人労働者 超人手不足時代の幕開け」
そりゃそーだよ。何も考えず、深く考えず、労働力不足は外国人労働者に、消費者不足はインバンドの観光客にって一本足打法を戦略にしてきたんだから。3.11の時に、何も学ばなかったのだろうか?と思ってしまう。
 
「公的保険適用で利用拡大に期待も 新型コロナ検査に落とし穴」
ニュースを聞く限り、PCR検査、つまり遺伝子検査ってすげー簡単にできる、と思ってしまったのだけれど、やはり、そんなことないよね。すごくすごく不思議に思っていたのですよ。そして、もう「防ぐ」は無理だから「殺さない」って方向に舵を切るしか無いと思うのですが。
 
「ITで電話恐怖症を克服」
すごいな。固定電話向けクラウドサービスの開発を行うシンカという会社。初期費用13万円、月額2万円からサービスを提供しているのね。で、この世界を固定電話テックという。すごい世界だw
 
 
「断らない病児保育が閉鎖」
岡田眼科が横浜で運営してきた東海キッズケアという病児保育施設が閉鎖となったんだと。なぜ、自治体は救わなかったのだろう?後期高齢者の医療費を5割負担にしてでも、保育園や、病児保育、学童保育を充実させた方がいいのに。箱物だけでなく、先生の年収を最低でも420万程度にしてあげないと。働くお父さんや、お母さんは、保育園や、病児保育、学童保育の先生に支えられているんだから。
 
そんな今週号を読んでいたら、読みたくなった本。

 

サピエンス日本上陸 3万年前の大航海

サピエンス日本上陸 3万年前の大航海

  • 作者:海部 陽介
  • 発売日: 2020/02/13
  • メディア: 単行本