カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

事業戦略策定ガイドブック 理論と事例で学ぶ戦略策定の技術

著者:阪本雅明
発行元」同文舘出版

 

まとめ

ポーター先生の「競争戦略」をぎゅぎゅっと圧縮したような内容ですね。上司から「やれ」と言われたとか、「儲かりそうだから」とか、「はやっているから」とか、きっかけはどんな理由でもいいけれど、どんなきっかけであれ始まった新事業の成功確率を上げるためには、この本を読むべきですな。

この本を読んだ目的
What:ワタシの行ってる仕事、その殆どが「事業戦略策定」に近いため、その「事業策定」を、再度、お勉強するため。
Why:「事業戦略策定」に関して体系的に正しく学んだことがなかったため、その思考的体系を身につけるため
How:現状を分析し、自分の弱みと強みを冷静に棚卸しし、一番勝率の高いポジションで戦うことが、最短距離だね


目次


第1部 事業の方向
第1章 環境分析と事業アイディアの検討
第2章 事業コンセプトの評価と決定
第2部 市場戦略
第3章 差別化戦略の策定
第4章 状況別差別化戦略
第3部 競争・協調戦略
第5章 競争戦略の策定
第6章 協調戦略の策定
第4部 利益モデル
第7章 経済性の概念整理
第8章 利益構造の選択
第9章 マネタイズ方法の検討
第5部 ビジネスシステムの設計
第10章 ビジネスシステム 

 

感想

仕事でお客様の事業戦略立案(っても、デジタルサービスって範囲は限られているんだけれどね)を行っているのですが、わたし、MBAも持っていなければ、ちゃんと体系立てて、そういうことを学んだこともないんですよ。正直に告白しますと。ただ、今まで、ベンチャー企業や、中小企業や、大企業や、ななやかんやらと在籍した会社で新規事業やサービスの立ち上げを中心に行っていたので、勉強をしなくても、なんとなくそのやり方を理解していました、と。

 

でも、それじゃ駄目なんじゃないかと。

 

ということで、この本を読無事にしてみました。

 

事業戦略といいましても、ベースに流れているのはポーター先生の「競争戦略の優位」の考え方と同じだな、と。自分が生き残りやすい、生き残る確率が高いポジションを見つけだし、そこで戦い抜く。

 

これ以外にも戦略の建て方はあるわけですが、喧嘩十段、実践で身につけた手法は「生き残ること」でしたね。

 

その視点で本書を読み進めると、生き残るための環境を調べる、競争環境を評価するポイントというのが気になりましたな。

 

<競争環境を評価する5つのポイント>
・業界内競争の激しさ
・新規参入の脅威
・供給業者の交渉力
・買い手の交渉力
・代替品の脅威

 

うむ。そうですよね。

 

この5つの視点から「自分の立ち位置」を見つければ、負けない。勝てるかどうはわからないけれど、負けない。負けないことが重要だと、ワタシは思うのですよ。

で、そこをベースに自分の強み、差別化ポイントを見つける。差別化要素を検討するツールはいろいろありますが、その中の1つが価値曲線分析。

 

価値曲線分析のステップは、これ。

 

<差別化戦略の検討手順>
ステップ1:価値要素を列挙する
ステップ2:自社と競合企業の現状水準を描く
ステップ3:補足的に競合・市場分析を実践する
ステップ4:自社のあるべき価値曲線を描く

 

すべてのポイントで勝とうとすると、負けるんだよな、と。

 

で、どのように戦うのか?の考え方、差別化要素を考える際、考慮すべきは下記5点。

 

<差別化要素の検討で考慮すべきこと>
・市場ポテンシャルのありか
・シェア構造
・基本的活の提供水準
・実質的な意思決定者
・順序

 

うん。

そのポジションで頑張ってみよう。

 

で、事業の場合、サービスや製品を販売することでお金を稼ぐわけですけれど、そのお金を「稼ぎ続ける」ことが「負けない」ことから「勝つ」ことに筋道をつけるようになっていくと。
そして、その筋道に合わせ、というか、筋書きに合わせてお金を稼ぎ続けるのだけれど、この筋道が、筋書きが書き換えられてしまうと、大変なことになる。

 

そんなことをさせないためにも、スイッチングコストを生み出させる。
もう、お主も悪よの、と。

 

そんなスイッチングコストの主な発生ポイントは下記5つ。

 

スイッチングコストの形成パターン
顧客の学習
入愛金・違約金・ポイント制度
自動更新
インストールベース
コミュニティ

 

消耗品のような、文字通りの「きえもの」であっても、スイッチングコストを形成さて、乗り換えが生まれないようにする。そうすると、お金がチャリンチャリンし始めると。

 

で、最後に。
B2Bのペルソナの作り方。これは役に立つ。

 

消費者向けのビジネスだけでなく、BtoB(企業向けビジネス)でも可能です。その場合は、業種や従業員規模、売上高などの企業属性に加え、戦略、経営スタイル、経営者のタイプなどの特徴を使って、ペルソナを作ります。

 

 

事業戦略策定ガイドブックー理論と事例で学ぶ戦略策定の技術ー

事業戦略策定ガイドブックー理論と事例で学ぶ戦略策定の技術ー

 

 

発行元:日経BP

 

まとめ


オープンイノベーションというよりも、来週からは韓国への輸出規制の話で盛り上がりそうね。東芝のココム違反事件を思い出させますね。

 

この本を読んだ目的


What:新聞を読まないワタシが、日本経済の流れを知るためですね
Why:もはや、20年近く続けている習慣ですね
How:特集よりも、最新情報の方が面白いことがありますね

 

感想

今週号の大特集は「もう失敗させないオープンイノベーションですね。オープンイノベーションね。できれば素敵よね。まず、成功させるのが大変よね。日本企業の場合。何しろ企業間ですとか、企業と大学の間に共通言語が少ないしな。そして、なーなーではじめるから、成功したあとにも揉めると。人の流動性とか、知識の流動性があるならまだしも、無いからね。そして、箱物だけつくると。なんだかなぁ、という現実ですは、やっぱ。

 

で、そんな今週号で、他に面白かった記事。

 

参院選緊急アンケート 選択肢なき消去法の様相に」
反自民、反既存野党で、若者に向けた政策を掲げる政党が生まれると、一気に支持が集まると思うんだよね。社会保障費用を大幅に減らして、その代わり消費税を30%にして、幼児教育から義務教育にして、保育園もしくは幼稚園から全入無償化にして。出産&育児を手厚く保護。この政策って、自民党というより、既存野党の全否定だから、ヘルメットとゲバ棒持った方々に囲まれそうで、怖いですな。

 

スマホ決済、脆弱セキュリティで不正利用 セブン&アイ、成長戦略に暗雲」
まじで暗雲ですわwww nanacoSuicaで、良かったではないか。Suicaは無理でもnanacoに7IDを紐付けるようにシステム回収すればよかったのに。なぜ、そもそも自前のQR決済なんかはじめようと、したのだろう?セブンでしか使えないのに。カリスマ鈴木会長が、消えて、終わりの始まりが本当に始まったのかもね。もしかすると、鈴木会長は一番良い時期に辞めたのかも。

 

「日本政府が韓国への輸出規制を強化 韓国半導体ショック、第二弾の行方」
ホワイトリストを外されただけだからねえ。レジスト、フッ化水素、フッ化ポリイミドが日本から買えなくなったわけではないからね。買うのに手間、かかるようになった。そして、万が一、韓国の半導体産業がだめになっても、他の国にも半導体メーカーはあるわけですよ。アメリカにね。で、こんな手続き、日本単独でやるわけ無いでしょう。クジラや、象牙と違うのだから。アメリカにお伺いを立ててというか、アメリカからの指示があってやってるかと。そして、EUだってホワイトリストに乗ってないのだから、あんまり騒ぐことではないかと。そして、ホワイトリストを外されて、一番やばいのは金融かと。現金、回らなくなるよね。

 

「会長再任、賛成66%どまり スズキ、修会長の神通力気得た?」
消えたのか?でも、鈴木家の家業だぞ、スズキは。これ、修会長の次を見つけることができなかったら、スズキもアウトかも。気がつくと日産の配下になってるかも。いや、ホンダかな。

 

「サイバー空間が第5の戦場に それでも民間を守れない自衛隊
あぁ。自衛隊法自体を見直さないとだめだな。他の国の軍隊は「やってはいけないこと」が規定されているけど、自衛隊は逆に「やって良いこと」が規定されている。そこには、民間のサイバー空間はない。人も足りないけど、この前提条件が馬鹿すぎるね。

 

「揺れる地方の外貨獲得 成功は一部、競争も激化 曲がり角の特産品開発」
あゝ。これも、ユーザーというか、消費者のことを考えてないが故の大問題。いや、大問題でもないな。基本的な問題だな。買い手のことを考えていない製品や、サービスや、パッケージが売れるわけなかろう。なんだろう?このお役所仕事感。

 

で、そんな今週号を読んでいたら、こんな本を読みたくなりましたね。

 

林彪事件と習近平 (筑摩選書)

林彪事件と習近平 (筑摩選書)

 

 

 

八九六四 「天安門事件」は再び起きるか

八九六四 「天安門事件」は再び起きるか

 

 

 

文化大革命五十年

文化大革命五十年

 

 

 

FCバルセロナ 常勝の組織学

FCバルセロナ 常勝の組織学

 

 

 

ユーザーストーリーマッピング

著者:Jeff Patton
監訳:川口恭伸
訳:長尾高弘
発行元:オライリー・ジャパン

 

まとめ
ユーザーストーリーマッピングとはアジャイル開発の手法であるけれど、「なんのために?」「得られるメリットは?」と自問自答して、考えを整理する手法はどんなことにも使えると思う。

この本を読んだ目的
What:ユーザーストーリーマッピングとはなにか?を知るため
Why:業務整理というか、業務理解というか、お客様と行うプロジェクトの理解と共通認識作りをしたかったから
How:「ストーリーを語る」「全体像をかたる」ところから、仕組みに落としていく≒共通理解に落としていく

 

目次


0章 まず最初に読んでください
1章 全体像
2章 作るものを減らすためのプラン
3章 より早く学ぶためのプラン
4章 次官通りに終わらせるためのプラン
5章 あなたはもうやり方を知っている
6章 ストーリーについての本当のストーリー
7章 より良いストーリーテリングのために
8章 カードに書かれていることがすべててはない
9章 カードは始まりにすぎないか
10章 ケーキのようにストーリーを焼く
11章 岩を砕いていく
12章 岩を砕く人
13章 オポチュニティから始める
14章 ディスカバリーを介して共通理解を築く
15章 ディスカバリーによる検証された学習(Validated Learning)
16章 リファイン、定義、構築
17章 ストーリーは実際にアステロイドに似ている
18章 構築するすべてのものから学ぶ
19章 終わり?それとも

 

感想

ユーザーのストーリーマップを作る。どーしても、UXだ、CXだって話をどっぷりいる世界にいるので、「Webサイトを作るお話」とか「業務整理をするお話」だと思っていたのですが、アジャイル開発でも必要な世界だったのね。おじさん、アジャイルでの開発経験がほぼ無いので、全く知りませんでした。ごめんなさい。

 

そんなわけで、この本はアジャイル開発の用語で、いろいろ語られていきます。

 

でもね、ワタシのようにあまりアジャイル開発に詳しくなくても、内容は理解できるのですよ。」

 

そもそもストーリーマップとはなんぞや?カスタマージャーニーマップとは違うのか?
似ているようで違う。

 

ストーリーマップを作ると、私たちはユーザーとそのエクスペリエンスに意識を集中でき、よりよい会話を交わすことができ、最終的には良い製品が生まれる。

とな。

 

アジャイル開発をしていく際に「なにしていいのかよく決めていない」っていうか「なにをすべきか理解していない」顧客が多い。

 

アジャイル開発ではこう考える。「仕様変更は顧客が悪いのではない。そもそも、最初から要件を明確に詰めることなど困難なのだ」と。そもそも、プロセスが悪いから上手くいかないのだというスタンスなのだ。

 

要件をどう取り扱うか--アジャイル開発で重視すべきは「ユーザーストーリー」

japan.zdnet.com

 

ということで、アジャイル開発時の要件定義として使われるのがユーザーストーリーマッピングなのだと。

 

うむ。アジャイルをそこまで理解していないので、ここの理解が間違っているかもしれないけれどね。

 

アジャイルにしろ、ウォーターフォールにしろ、この本から得られることは多い。いや、たぶん、アジャイル開発に向けてお方が得ること多いんだと思うんだろうけれど、ワタシよく知らないので。

 

でもね

共有ドキュメントは共通理解ではない。

 

とか、まさにそうじゃないかw 「お客さんと要件握ってきました。要件定義書あるからバッチリです!」という言葉に、わたし、何度もも騙されましたよw

 

では、そのストーリーマップをどのように作成するのかというと、ここからはじまるのだと。

 

①書くのではなくストーリーを語る
ストーリーがストーリーと呼ばれているのは、何を書くべきかではなく、それをどのように使うべきかだからだ
②全体像を話す
ストーリーマッピングとは大きなストーリーを話しながら小さく分割していくことだ

 

 

なのだとな。

 

いわゆる、ドリルを売るのではなく、穴を売る、のでもなく、「穴を使って、何しますか?」「何のために穴を使うんですか?」というところから、話をしていきましょうってことだよな。これさ、アジャイルじゃなくても、当てはまるんだよな。例えばウォーターフォール型でECサイトを構築するって話があっても「ECサイトで何をしたいのか?」「年間売上どれくらいにしたいのか?」って話を詰めてからプロジェクトを進めないと、ろくな結果にならないしな。

 

で、どこから手を付ければいいのかというと、オポチュニティを議論するところからはじめると良いだろうと。具体的にはこうしましょうと。

 

・大きなアイディアとは何か?
・顧客は誰か?この製品を買いそうな会社はどこか?
・ユーザーは誰か?それらの会社でこの製品を使いそうなのはどういう人々か?彼らは製品を使って何をするのか?
・彼らはなぜ製品を使いたいと思うのか?顧客、ユーザーは、今解決できないどのような問題を解決しようとするか?
・なぜ私達はそれを作るのか?この製品を作り、製品が成功を収めたら、それが我社にとってどのような意味を持つか?

 

ここをきっかけにストーリーを考えていくのだとな。

 

でもね、忘れちゃいけない、気をつけなければいけないことがあるのよ。

 

解決しようとしている問題が、本当にあるかどうかを確かめよう。

 

あぁ。そうなんだよね。あるある詐欺。いわゆる、ツチノコ課題。ありそうだけれど、存在しない課題を、私たちは定義してしまうことが多いということだよ。

 

で、そんなストーリーマッピングを行うシンプルなステップは、こうだという。

 

①問題の枠組みを明らかにする
②全体像をマッピングする
③掘り下げる
④リリース戦略を切り出す
⑤学習戦略を切り出す
⑥開発戦略を切り出す

 

なんだとな。

 

もっとアジャイルを勉強しなきゃなぁ。

 

このストーリーマップを作る際の便利なツールとしてCardboardというソフトがあるそうな。

cardboardit.com

オンラインで付箋を扱うことのできるサービス『CARDBOARD』が便利!

www.kikakulabo.com

これ、めちゃくちゃ使えるんじゃなかろうか?

 

あと、オポチュニティキャンパスというのもあるそうな。

 

1.ソリューションアイディア.
2.ユーザーと顧客
3.問題のソリューション
4.ユーザー価値
5.ユーザーメトリクス
6.普及戦略
7.ビジネス上の課題
8.ビジネスメトリクス
9.予算

 

から構成されていて、これが一画面(もしくは一枚)で俯瞰できるようになっており、整理した内容がすぐに分かるのがいいんだとな。
.
なんか、わたし、知らないことだらけだな。
元勉強しなきゃな。

 

そして、この本を読んでいたら、こんな本も読みたくなった。

 

ユースケース実践ガイド―効果的なユースケースの書き方 (OOP Foundations)

ユースケース実践ガイド―効果的なユースケースの書き方 (OOP Foundations)

 

 

 

Lean UX 第2版 ―アジャイルなチームによるプロダクト開発 (THE LEAN SERIES)

Lean UX 第2版 ―アジャイルなチームによるプロダクト開発 (THE LEAN SERIES)

 

 

 

アントレプレナーの教科書[新装版]

アントレプレナーの教科書[新装版]

 

 

 

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

 

 

 

ユーザーストーリーマッピング

ユーザーストーリーマッピング

 

 

極夜行前

著者:角幡唯介
発行元:文藝春秋

 

目次

第一部 天測放浪
第二部 犬との旅
第三部 海像と浮き氷

 

感想

探検家にして、作家。世界中の極地を旅し、その結果を本に書き上げる作家さん。
今回の舞台は北極。白夜の反対の極夜の北極を冒険する。白夜の反対ということは、太陽が出ていない季節ということ。真っ暗闇の中、現代の道具(GPSや、携帯電話など)を使わずに、真っ暗闇の北極を旅するという。

 

なにをバカなことを。

 

と、本を読んでいるワタシは思ってしまうわけですが、本人はいたって真面目。GPSや、携帯電話を使い、旅をした北極は、心に大きな達成感を得ることができなかった、と。

 

なので、今度は北極を、それも真冬の極夜に、現代の道具を使わずに旅をするという。

北極圏に住んでいるイヌイットの人々だって、スノーモービルにのり、インターネットで情報を仕入れ、GPSを片手に狩をするというのに。

 

GPSがなかった時代、大航海時代の船乗りは六分儀を使い、自分の居場所を知り、地球を旅したんだから、大丈夫!と。しかし、旅した場所は海の上や、陸地だった。真っ暗闇の北極圏ではなかった。いやいや、大丈夫。GPSが、まだ、なかった時代、日大探検部や、植村直己は、北極点をメサしたのだから、と。そんな意気込みで、六分儀を片手に極地を旅する。きっちり計測できるのか?そのテストが第一部。結論、うまくいかない。

 

第二部は改良した六分儀で、再度テスト。今度は、長時間長距離の旅を前提に舌訓練なので、犬ぞりも使ってみた。真っ暗闇の北極でひとりぼっちと一匹ぼっち。性格が良い犬がいいね、と選んだもうすぐ1歳の犬は、「犬ぞりを弾いたことがない犬」だった。そんな相棒と行う訓練。反りは引くものだという認識がない犬に、「ソリはお前が引っ張るものだ!」と身を持って教える旅。そういえば、選んだ犬は集団の中、もしくは村の中でしか生活したことのない犬だった。凍りついた北極海の真上で、怯えてしまう角幡さんの相棒。しかし、すったもんだがあったけれど、無事に訓練の度は終了。

 

そして、第三部。計算すると、旅程は半年近くにもなってしまう。半年近くも、旦那の生死が不明になると、奥さんが発狂してしまうということで、本番の今回は、衛星携帯電話を持っていくことに。一年前、苦楽をともにした相棒の犬、犬は覚えていたけれど、自分は覚えていなかった。。。あぁ、何ということでしょう。

 

そして、始まる極夜の旅。

 

しかし、しかしタイトルには、なぜか”前”がついている。考えられないどんでん返し。

 

結構分厚いノンフィクションが、あっという間に読み終えてしまいます。

 

いや~冒険って面白いですね。と、他人事ながら思えてしまう、面白い本ですよ。

 

極夜行前

極夜行前

 

 

デジタル化を勝ち抜く新たなIT組織の作り方

著者:ベイカレント・コンサルティング
発行元:日経BP

 

目次

序文
第1章 デジタル時代の革新的サービスとIT部門
第2章 追い詰められるIT部門
第3章 デジタル時代のITイノベーション
第4章 IT部門のトランスフォーメーション
第5章 IT部門発のイノベーション組織
第6章 戦略的ITガバナンス
第7章 新IT組織を機能させる施策

 

感想

IT系・デジタル系では非常に評判のよろしいベイカレント・コンサルティングの精鋭が記した「このままじゃ、御社の情シス、たち行かなくなっちゃうよ」という啓蒙本。

 

「いやいや、情シスが無くなるなんてことはないでしょう」と、思った貴方、それは半分正解で、半分間違えだと。情報システム部という部署は、間違いなく、これから左記の未来も残りますよ。でもね、旧来的な情報システム部の仕事は、なくなってしまう。社員のパソコンのおもりや、基幹システムや、業務システムの重りだけをしているような部署はなくなってしまう。

 

情報システム部ってさ、デジタルマーケティングの支援も行うんだよ。
え?ですよ。

 

デジタルマーケティング、データマーケティングが一般的になっているこの21世紀、データを取り回すために強力が必要な部署と言ったら、情報システム部だ。情報システム部にお願いしなければ、DBに溜まっている顧客データを抜き出すことすらできないしね。新たなツールを導入して、マーケティングや、営業に活用しようとしても、マーケティングや、営業の部署の人は社内システムのことに明るくないので、導入の要件定義や、ツール選定のための要求整理は情報システム部にお願いしなければならない。旧来的な情報システム部って、社員から「こういうコトしたい」と請われたときに輝く部署。「どうすればいい?」「どれが最適?」と聞かれても、マーケティングや、営業の用務を知らないのだから、回答すらできない。

 

あぁ。

 

IoTだ、DXだ、デジタルマーケティングだ。そんな時代に情報システム部は縁の下の力持ちではなく、会社の主役な部署に躍り出てしまう。

 

だから、私達のようなコンサルファームが必要なんですよ、というベイカレントの宣伝本でもあるんだけれど、書かれている内容は至極全うで、これ、情報システム部以外の人も読んだほうが良い、名著だな。