カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条

著者:山本七平
発売元:角川書店

 

目次

目撃者の記録
バシー海峡
実数と員数
暴力と秩序
自己の絶対化と反日感情
厭戦と対立
「芸」の絶対化と量
反省
生物としての人間
思想的不徹底

感想

すげぇ。

この本すげぇ。

ここにかかれっている内容は日本軍だけでなく、日本的組織にぴったりと当てはまる。

国家でも、行政でも、会社でも、家族でも。

一番最初に敗因二十一か条というものがありまして、それを解説するように話は進んでいきます。

で、そんな二十一箇条は何かというと

 

  1. 精兵主義の軍隊に精兵がいなかった事。しかるに作戦その他で兵に要求されることは、総じて精兵でなければできない仕事ばかりだった。武器も与えずに、米国は物量に物を言わせ、未訓練兵でもできる作戦をやってきた。
  2. 物量、物質、資源、総じて米国に比べ問題にならなかった。
  3. 日本の不合理性、米国の合理性
  4. 将兵の素質の低下(精兵は満州支那事変と初戦で大部分は死んでしまった)
  5. 精神的に弱かった(一枚看板の大和魂も戦い末期になるとさっぱり威力なし)
  6. 日本の学問は実用化せず、米国の学問は実用化する
  7. 基礎科学の研究をしなかったこと
  8. 電波兵器の劣等(物理学貧弱)
  9. 克己心の欠如
  10. 編成力なき事
  11. 個人問して修養をしていない事
  12. 陸海軍の不協力
  13. 一人よがりで同情心がないこと
  14. 兵器の劣悪を自覚し、負け癖がついたこと
  15. バーシ海峡の損害と戦意喪失
  16. 思想的に徹底したものがなかったこと
  17. 国民が戦いに厭きてきた
  18. 日本文化の確立なき為
  19. 日本は人名を粗街にした
  20. 日本文化に普遍性なき為
  21. 指導者に生物学的常識がなかったこと

この21か条だけでも素晴らしいのですが、本書にはそれ以外の名言が満載です。

 

まず66ページ

 

それはまさしく機械的な拡大再生産的な繰り返しであり、この際、ひるかえって自らの意図を再確認し、新しい方法論を探求し、それに基づく組織を新たに作りなおそうとはしない。むしろ逆になり、そういう弱気は許されず、そういうことを言う者は敗北主義者ということになる。

とか

 

67ページ

 

これらの言葉の中にはあらゆる方法を探求し、可能な方法論を試みたいという意味はない。ただ、ある一方法を一方向に、極限まで繰り返し、その繰り返しのための損害の量と、その損害を克服するために投じた量と、それを投ずるために払った犠牲に事故満足し、それで力を出し切ったとして、自己を正当化しているということだけであろう。

 

とか

 

76ページにある

 

激烈な軍国主義が軍事力とされてしまうから本当の軍事力はなく、精兵主義が精兵とされる故に精兵がいないという状態を招聘し、首脳部は自らの状態すら把握できなくなってしまうのである。

 

とか

 

81ページ

 

数があるぞといえば質も内容も問わない。これが極端まで進めば、数があるぞという言葉があれば、そしてその言葉を権威付けて反論を封ずれば、それで良いということになる。

とか

 

97ページにある

そして、その第一歩はなんであったのだろう。ないものをないと言わずに、ないものをあると言うか、言われないかをその人間の資格としたことであった。

 

とか

 

145ページにある

 

そしてこういう見方をする人たちの共通点は「自分は別だ」「自分はそういった鬼畜と同じ人間ではない」という前提、すなわち「相手を自分と同じ人間とは認めない」という立場で発しており、その立場で相手の非を指摘することで自己を絶対化し、正当化している。

とか

 

148ページにある

 

言うまでもなく普遍性はまず相対化を前提とする。それは相手が自分と違う文化的基準で生きていることをありのままに当然のこととして知ることから始まる。もしそれが出来ないなら、自分だけが人間で、他はすべて人間ではないことになってしまう。そして、それは一人よがりで同情心が無いことであり、その人間が共感や同情らしき感情を示す場合は、なんだかの絶対者に拝跪して、それと自己を同定して自己絶対化を行う場合だけである。だからこれは、本質的な共感でもなければ、同情でもない。

 

とか

 

181ページ

 

われわれは、非常に長い間、この一定制約下に「術」ないしは「芸」を争って優劣を決めるという世界に生きてきた。この伝統はいまの受験戦争にもそのまま現れており、チョットやそっとでは消えそうにない。

 

とか

 

182ページ

 

そしてこの事実の背後には徳川時代以来の、外的制約を固定して、それが絶対に動かないという根拠なき信念のもとに、その固定の中で芸を磨き、その芸が極限を乗り越えて万能でありうるという考え方があった。

 

とか

 

207ページ

 

そしてここにあるのが前提が違えば、前提を絶対視した発想・計画・訓練はすべて無駄になることがどうしても認識できない太平洋戦争中の日本軍と同じ状態なのである。

とか。

この本、スゴイ。

凄まじい。

 

日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条 (角川oneテーマ21)
 

 

セブン、成人誌の販売中止へ 8月までに全2万店超で

凄いニュースだ!

 

www.nikkei.com

 

セブン―イレブン・ジャパンが成人向け雑誌の販売を中止する方針を決めたことが21日、わかった。8月末までに全国の2万店超の全店で原則、販売をやめる。女性や子どもが来店しやすくするほか、2020年の東京五輪パラリンピックなどを控え、インバウンド(訪日外国人)のイメージ低下を防ぐ。最大手の判断は今後、コンビニエンスストア業界全体に広がる可能性がある。

 

 

記事にもあるけれど、セブン-イレブンの店舗数は約2万店ある。その2万店からエッチな雑誌がなくなるのだから、単純に、エッチな雑誌全体の発行部数が2万部減るという話だ。

 

ちなみに、少し前になるけれど、出版業界における日本の市場規模はこんな感じ。

 

www.ajpea.or.jp

 

内訳は書籍が同3.0%減の7,152億円、雑誌は同10.8%減の6,548億円。書籍は全体では伸び悩みましたが、文芸書や学参、教養新書などは前年を上回る売れ行きで、児童書も前年並みをキープ。『漫画 君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)、『九十歳。何がめでたい』(小学館)、「うんこ漢字ドリル」シリーズ(文響社)など話題書も多数ありました。
雑誌は初の二桁減で、内訳は月刊誌(ムック、コミックス含む)が同11.1%減、週刊誌が同9.2%減となりました。定期誌が約9%減、ムックが約10%減と落ち込んだほか、コミックス単行本が約13%減と大幅に減少しました。

 

ものすごい乱暴な計算だけれど

2018年も売上が2017年に比較して10%減った。

エッチな雑誌も、ふつーの雑誌も「雑誌」に分類されるものは1000円だとする。

と。。。

 

6,548億円×0.9=5,893億円

5,893億円÷1,000円=5,893,200冊

 

ここから、少なくとも2万冊が純粋に減るわけですよ。

セブンイレブンがエッチな雑誌を10冊ずつ店頭においていたら、大変ですよ。20万冊も、市場から消え去るんですよ。

そして、毎月それが入れ替わるとしたら、20万冊×12ヶ月で年間で240万冊もエッチな雑誌が消えるのですよ。

 

ひぇええ。

 

みんな、エッチな雑誌はKindleや、DMM改FANZA電子書籍として購入するようになるんだろうなぁ。

 

雑誌が光り輝いていたのは20世紀のお話だよなぁ。

 

次は間違いなく、ふつーの雑誌だよな。ふつーの雑誌がセブンイレブンの店頭からなくなる。雑誌の購入は「オムニセブンで注文」して「店頭で受け取り」って流れになるんだろうな。

 

で、雑誌が置かれていたエリアは、イートインスペースになるんだろうなぁ。軽減税率の話もあるから、イートインスペースにしておいたほうが良いものね。

 

エッチな雑誌を出版業界独自に指定するから、そうでない出版物には軽減税率を!なんて、出版業界が自殺行為的な提案を政府にしていたけれど、もはやそんな必要もなくなりましたね。

 

www.sankei.com

 

8%から10%への消費税率引き上げが来年10月に迫る中、有害図書を除く書籍や雑誌に対し税率を低く抑える「軽減税率」の適用を求める出版社団体と、適用に慎重な政府が対立していることが17日、分かった。団体は軽減税率が適用される新聞同様、書籍や雑誌も「知識を得るため負担を減らすべき対象だ」と訴える。一方、政府は「納得できる有害図書排除の仕組みができていない」と主張。両者の溝が埋まる気配はない。

 出版社団体が本格的に動き出したのは6月中旬。超党派の国会議員でつくる「活字文化議員連盟」と「子どもの未来を考える議員連盟」が東京都内で合同総会を開き、書籍や雑誌に対し軽減税率を適用するよう求める活動方針を採択した。方針案をまとめたのが、日本書籍出版協会日本雑誌協会日本出版取次協会日本書店商業組合連合会の4団体だ。

 

 

このまま雑誌文化は縮小されていくんだろうなぁ。。。

 

社会人のスタートを雑誌がメインの出版社(それ以外の商いもしていたけどね)だった、ワタシとしては、なんだかなぁ。。。って感じですね。

 

そして、これからより一層、雑誌の廃刊と休刊が起きるわけですから、ワタシも気合い入れて、雑誌を読み続けようと思うのですよ。

 

で、廃刊休刊ブームが5年位続くと、アナログレコードにスポットライトが当たったように、紙の雑誌にスポットライトが当たるようになるはずなので、そこまでがんばります。

 

 追記

 

なんと、ローソンが後追いした!

www.huffingtonpost.jp

 

コンビニ大手ローソンが、全国店舗での成人向け雑誌の取り扱いを2019年8月末までに原則中止することになった。プレスリリースで1月21日、発表した。

同社によると、成人向け雑誌の取扱いについて、これまでは加盟店が判断していたが、今後は本部として推奨することは取り止めるという。

ローソンでは、2017年11月から沖縄県内の全231店舗(2018年12月末現在)で成人向け雑誌の取り扱いを中止しており、顧客や加盟店から「ご理解を得られた」として、全国への拡大に至ったという。

 

間違いなく、ファミマも追随するでしょう。

ちなみに・・・

ローソンの店舗数は約14,000店舗(2019年2月期 月次情報(2018年12月分)

ファミマの店舗数は約15,000店舗(ファミリーマートチェーン各社の店舗数 (2018年12月31日現在)

 

セブンイレブンの店舗数と合計した店舗数をわかりやすく4万店舗として、それぞれのコンビニにエッチな雑誌が10冊あったとしたら…

アナタ、40万冊の雑誌が消えるんですよw

そして、これらの雑誌が毎月入れ替わっていたとしたら40万冊×12ヶ月で480万冊も市場から消える。。。。

 

ひええええ

 

 

出版年鑑2018

出版年鑑2018

 
2018年 出版再販・流通白書 No.21

2018年 出版再販・流通白書 No.21

 
自費出版年鑑2018

自費出版年鑑2018

 

 

ゼロ・トゥ・ワン  君はゼロから何を生み出せるか

著者:ピーター・ティール、ブレイク・マスターズ
序文:瀧本哲史
発行元:NHK出版

目次

日本語版序文 瀧本哲史
はじめに

1.僕たちは未来を創ることができるか
2.一九九九年のお祭り騒ぎ
3.幸福な企業はみなそれぞれに違う
4.イデオロギーとしての競争
5.終盤を制する―ラストムーバー・アドバンテージ
6.人生は宝クジじゃない
7.カネの流れを追え
8.隠れた真実
9.ティールの法則
10.マフィアの力学
11.それを作れば、みんなやってくる?
12.人間と機械
13.エネルギー2.0
14.創業者のパラドックス

終わりに―停滞かシンギュラリティか

 

感想

ピーター・ティール。
その名前を知っている日本人は少ない。イーロンマスクや、ザッカーバーグスティーブ・ジョブズに、ゲイツに、ベゾス。
彼らの名前の方が一般的であるが、彼らにも負けない実績を残していることに間違いはない。

 

本書のサブタイトルは「君はゼロから何を生み出せるか」。

 

初期のPayPalメンバーにして、情報解析サービス・パランティアの共同創業者。Facebook初の外部投資家。彼らの仲間はPayPalマフィアとしてシリコンバレーでものすごい影響力を持っているのだとな。

 

まぁ、アメリカ共和党の黒幕、コーク兄弟のようなものか?違うか。

 

どちらにしろ、ものすごい優秀なシリアルアントレプレナーであることには間違いはない。

 

で、ティールは

 

優秀な学生が経営戦略コンサルタントや弁護士、投資銀行などのキャリアに就いて「あいまいな楽観主義」にもとづいた小さな成功しか手にせず、社会を大きく進化させる力を持たないことを批判する。むしろ、積極的な計画、あるべきものを提示することによって社会を動かし、自分の人生のコントロールを取り戻す試みとしての起業を、人生における正しいアプローチと位置づける。まだ多くの人が認めていない隠れた真実化を、利害とビジョンを共有したマフィアによって発見して、それを世界中に売り込む。少人数のチームがテクノロジーを武器に、社会に非連続な変化を起こす。

 

ことが重要と、とく。
そうやって生み出したビジネスで、世の中を進化させ続けている。

 

焼き直しでも、模倣でもない。
だから0 to 1なのですと。
なんでもアメリカや、世界の模倣で、タイムマシン経営を得意としている日本でま、まず、生まれてこないんじゃないか、と。

 

ちなみに、ティール自身は、よく言われるリーンスタートアップの考え方

 

①少しずつ段階的に前進すること
②無駄なく柔軟であること
③ライバルのものを改良すること
④販売ではなくプロダクトに集中すること

 

をほぼ全否定して

①小さな違いを追いかけるより大胆に賭けたほうがいい
②出来の悪い計画でも、ないよりはいい
③競争の激しい市場では収益が消失する
④販売はプロダクトと同じくらいに大切だ

と、主張している。

いや、言うのは簡単だけどさ。


という感想を持ってしまうのは、自分が自分の意思を持って生活していないからなんだということに気が付かせてくれる。

 

絶対に楽なんだよなぁ。真似していれば、考えなくて済むしな。

 

でも、そうやって生み出したベンチャーは、すぐになくなってしまうと。

しかし

 

①小さな違いを追いかけるより大胆に賭けたほうがいい
②出来の悪い計画でも、ないよりはいい
③競争の激しい市場では収益が消失する

 

が出来るって、シッカリとした情報収集しつつ、プランニングができるかなりマトモなオツムもった人でないと、無理な気しますな。

 

さぁ、勉強だ。

 

 

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

 

 

 

毛沢東の大飢饉―史上最も悲惨で破壊的な人災1958‐1962

著者:フランク・ディケーター
発売元:草思社

 

目次

第1部 ユートピアを追い求めて
第2部 死の谷を歩む
第3部 破壊
第4部 生き残るために
第5部 弱者たち
第6部 様々な死

感想

 

あまり語られることのない、大躍進時代の中国に関するものすごい記録を集めた本ですな。

 

人の力によってこれほどの破壊がもたらされるのだから、世界には戦争よりももっと悲惨なことがあるということですな。

 

そんな戦争よりももっと危険なものというのは、間違った思想であるということですよ。


そんな本書の中でハマったフレーズは

 

まずは84ページ

 

私たちにはどういうことになるのかわかっていましたが、思い切って意見を言おうとする人はいませんでした。何か言ったところで殴られるだけです。私たちにはどうしようもありません。

 

あと

139ページ

 

より高い収穫目標を達成しようとする狂気が雪だるま式に膨らんで、制御不能に陥り、各地での被害状況を物語る証拠が次々と上がってくる中で、毛沢東は自らのキャンペーンが創りだした混乱に対して掌を返したように誰かれ構わず非難をし始めた。毛には政治の現場での様々な粛清を経て培ってきた直感的な自衛本能があった。

 

あと

146ページ

 

食べ物が十分になければ人は飢えて死ぬ。半数を餓死させてしまった方が得策だ。残りの半数はたらふく食べられるのだから。

 

あと

221ページ

毛沢東なら品質に対する懸念など一蹴できただろうが、欠陥商品文化は国際市場での中国の評価を大いに損なった。

 

あと

278ページ

 

平等は共産主義イデオロギーの根幹かも知れないが、実際には、どの共産主義国も手の込んだ階層型命令系統を構築した。なぜなら、この種の政権はえてして現実の敵あるいは仮想敵の恐怖に絶えず苛まれており、社会を軍隊式に組織することが正当化されているからだ。軍隊式の社会では各従属部隊が一切疑問をもつことなく命令を遂行することを求められ、どんな役人も上司に対しては金床であり、同時時に部下に対しては金槌であった。

 

これを昔の話、中国の話しと割り切ることができるであろうか?

おいらには、日本的企業、日本的組織も同じように見えてならんのですよ。

 

 

毛沢東の大飢饉  史上最も悲惨で破壊的な人災 1958?1962

毛沢東の大飢饉 史上最も悲惨で破壊的な人災 1958?1962

 

 

決断できない日本

著者:ケビン・メア
発売元:文藝春秋

目次

第1章 トモダチ作戦の舞台裏
第2章 嵌められた「ゆすりの名人」報道
第3章 横紙破りの外交官として
第4章 アメリカは日本を手放さない
第5章 沖縄「反基地」政治家との戦い
第6章 日米同盟の内幕
第7章 七転び八起きでいいじゃないか

 

感想

この本の反論を求めますね。

感情的なものではなく、論理的に。

出来れば証拠も添えて。

本当に言ったのか、いっていないのか、その他もろもろを含めてね。

で、そんな話はさておき、この本、いろいろ刺さるフレーズが満載です。

 

たとえば33ページ

 

先を見越して、次々に先手を打っていく。状況に流されるのではなく、状況を支配することが大切だからです。

 


いや、おいらもそういう人生を送りたいです。

流されるのではなく、流していけってw

 

 

で、39ページ

 

福島第一原発の入ろまでには20〜30年はかかります。だが、その前に使用済み核燃料棒や、放射能に汚染された瓦礫、汚泥を収容するキャスクが大量に必要になる。キャスクはいますぐにでも発注しておかなければいけませんが、日本政府も東電も長期戦略がかけており、大量のキャスクをどう用意すべきか、まだ決まっていないのが現状です。

 
ここにも、失敗の本質感ですね。

 

全体が見えるとほんとうに必要なことが分かってくるのですが、全体が見えていないので、無駄に細かいことにこだわってしまうわけで。

 

あと、51ページ

 

米軍の歴史を振り返ると、米軍の優位性は最新鋭の兵器を保有しているためだけでなく、ロジスティックの強さによってもたらされています。

 
ですよね。

そう思います。

だって、世界中に軍隊を展開したって、その軍隊が有機的に動かないと意味はないのですから。

 

あと、126ページ

 

沖縄からは東京よりも北朝鮮平壌のほうが近いのです。日本最西端の与那国島から台北までは110kmにすぎず、台湾海峡有事の際は戦略拠点の1つになるでしょう。沖縄ーベトナムハノイ間は沖縄ー札幌間とほぼ同距離だし、沖縄ー上海間と沖縄ー佐世保間もほぼ同じ距離にあります。


物事一つの方向からばかり眺めていちゃダメってことですよね。

でも、みんな物事をひとつの方向からしか見ようとしないんですよね。

そんなわけで、ソッチ系の人々の反論を読みたいですな。

感情的なものではないものをね。

 

 

決断できない日本 (文春新書)

決断できない日本 (文春新書)