カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

エッセンシャル版 マイケル・ポーターの競争戦略

著者:ジョアン・マグレッタ
発行元:早川書房

 

目次

1 競争とは何か?(競争―正しい考え方
五つの競争要因―利益をめぐる競争
競争優位―バリューチェーン損益計算書
2 戦略とは何か?(価値創造―戦略の核
トレードオフ―戦略のかすがい
適合性―戦略の増幅装置
継続性―戦略の実現要因)
終章 本書の実践的な意味
よくある質問 マイケル・ポーターインタビュー

 

感想

分厚いポーター先生の「競争戦略」を、今の若者に読ませて学ばせるのは辛いなぁ~ということで、「この本が授業のねたになるんじゃなかろうか?」ということで読んでみました。

そして、読んで気が付かされたのですが、様々なプロジェクトが始まるたびに、クライアントの企業を知るためにも、この本を読んで「競争戦略」のフレームワークを使って、考え方を整理すべきなんだな、と再確認するのに最適なんだな、と思うわけですよ


で、著者はポーター先生のことを知り尽くしているお方なわけで、そんな著者が「ここ」と抜き出した箇所は、そのまま仕事に使えるわけですよ。ってか、日めくりカレンダーのように「今日のポーター先生の名言」として、使いたいですね。

例えば

戦略の本質は、競合他社を打ち負かすことではなく、価値を想像することにある。 

 

割高な価格を要求できることが、差別化の本質である。

 

優れた戦略が満たすべき5つの条件を網羅する。5つの条件とは以下の通り。
・特徴ある価値提案
・特別に調整されたバリューチェーン
・ライバル企業とは異なるトレードオフ
バリューチェーン全体の適合性(フィット)
・長期にわたる継続性 

 

トレードオフは、「何をやらないか」の選択を、「何をやるか」の選択と同じくらい重要なものにする。戦略を差雨亭するにあたっては。どのニーズに対応し、どの製品を提供するかを決定することが重要なカギを握る。

 

何かを万人に提供しようとすると、競争優位を下支えしているトレードオフを緩和してしまうことが多い

 

ここに書いてある内容を使って提案書を作れば、それだけでもかなり説得力のある提案書ができそうな気がしますわ。でも、そんな表面的なことだけしていていいのかしら?なんて思ってしまうわけですよ。

 

そしてね、この競争戦略という考え方を、人生に当てはめると、誰にも負けない自分だけの人生が送れるようになるんじゃないかしら?なんて思ってしまうわけですよ。自分らしさを支える個性というのは八方美人では成り立たないわけですよ。尾崎豊じゃないけれど、僕が僕であるためになんですよね。となると、「何かを万人に提供しようとすると、競争優位を下支えしているトレードオフを緩和してしまうことが多い」ということになる。

 

自分の人生、生きていく中心地はどこなのか?戦う舞台はどこなのか?

 

そこをまず定義しようと。

 

そこから人生の競争優位性が始まると。

 

なんだろう。ポーター先生はマーケティングの先生だけではなく、人生の先生だったりするのね。

 

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

 

 

Number 973

発呼元:文藝春秋

 

目次


妖精を訪ねて文◎西川結城ストイコビッチ「僕がアーセナルより名古屋を選んだ理由」
あなたの推し助っ人は何位?J史上最強外国人アンケート結果発表!
最強クラブの創始者文◎熊崎敬ジーコ「鹿島が受け継ぐ神様の精神」
ブラジルより愛を込めて文◎沢田啓明ドゥンガ「だから鬼軍曹になった」
闘将に怒られ続けた男福西崇史が語るドゥンガの素顔
優勝請負人は敏腕代理人文◎沢田啓明ビスマルク「W杯を諦め、日本に残ったんだ」
631試合出場守護神の視点楢崎正剛が明かす恐るべき点取り屋たち
世界のハンターが来襲!文◎吉田治良W杯得点王のJ通信簿リネカースキラッチストイチコフフォルラン/ビジャ
731分連続無失点の記憶文◎松本宣昭シジマール「クモ男と呼ばれて最高!」
浦和のレジェンドが選定レッズ史上最強外国人は誰だ?
激論大鼎談水沼貴史×都並敏史×小島伸幸 夢のイレブンを選定せよ!エムボマ/レオナルド/ジョルジーニョペレイラサンパイオエドゥーほか
忘れじの助っ人たち外国人Jリーガー思い出スクラップアルシンド安貞桓モネールイルハン/ヴァン・ズワム/アモローゾほか
Jリーグ2019開幕
ドリーム対談文◎横井伸幸イニエスタ×トーレスJリーグは、日本はもっと強くなる」
158cmの英雄文◎熊崎敬チャナティップ「タイのメッシと呼ばれて」
スペイン人名将の哲学文◎横井伸幸フアン・マヌエル・リージョ「イニエスタのいるチームを率いて」
外国人名将列伝文◎北條聡伝道師と先駆者とベンゲルオシムネルシーニョオリヴェイラペトロヴィッチほか
日本人監督の挑戦文◎二宮寿朗名波浩×宮本恒靖「勝利への羅針盤を手にして」
33歳の初バロンドールモドリッチ「今、最も輝かしい瞬間を生きている」
ユベントス移籍の真相ロナウド「僕は世界最高の物語を描き続ける」
Jから世界最高峰への階段文◎豊福晋板倉滉「いつか、マンCへ」
スーパーラグビー日本開幕戦文◎朴鐘泰サンウルブズvs.ワラターズ「狼の逆襲が始まった」
Jリーグ開幕戦文◎戸塚啓C大阪vs.ヴィッセル神戸「VIP共演の幕開け」
若きエースに訪れた悲運文◎田坂友暁池江璃花子「乗り越えられない壁はない」
REGULARS
好評連載 第4回新しい地図×Paralympic Athletes香取慎吾×上地結衣
連載(15)文◎石田雄太桑田真澄「独白」「不動産トラブルと借金」
連載ノンフィクション(17)文◎柳澤健2000年の桜庭和志ホイラー・グレイシー
The CHAMPIONS(44)文◎前田衷セレス小林「強気な雑草ファイター」

 

感想

表紙のストイコビッチにやられましたね。大特集はJリーグ1993-2019 最強外国人は誰だ!」ですね。わたくし、筋金入りの浦和レッズファンでして、レッズ史上最高の助っ人はポンテであることに間違いないと思っているのですが、Jリーグ全体だと、間違いなく、ドラガン・ストイコビッチだろうな、と思うわけですよ。ストイコビッチ、いっちゃ悪いが、バリバリのトッププレイヤーだったわけですよ。ベローナから、マルセイユ、そして、名古屋グランパスエイト。よーく考えたらありえないチーム遍歴。コソボ紛争のあおりをくって、国際試合に出ることができなかった、そんなユーゴスラビア代表の悲しい歴史のど真ん中を歩いていたような選手だったわけですよね。じゃなかったら、極東の島国の、できたばかりのプロサッカーリーグになんかこなかった。名古屋の監督の次にアーセナルの監督に就任したベンゲルが「アーセナルにこないのか?」と声をかけた人物。それなのに、名古屋をとった。名古屋を愛してくれた。ピクシー。敵ながらあっぱれですし、ここまでJリーグを愛してくれてありがとうと思うわけですよ。

 

で、他に刺さったインタビューといえば、ドゥンガと、シジマール。磐田と清水の立役者ですね。彼らのおかげで、あまりサッカーに詳しくないワタシが、「中盤の底」や「ゴールキーパー」の重要さを知るようになりましたからね。いまの浦和に必要なのはドゥンガのような闘将なんだろうなぁ。チンタラ歩いているような選手に活を入れてくれる。そんな選手を求めてしまいます。そして、シジマールが清水のヒーローになっていた頃、浦和には見ろというゴールキーパーがいましたね。あと、ルルというフォーワードもいましたね。ともにスロバキアの選手ですが、どういうルートでスロバキアの選手をJリーグに引っ張ってきたんでしょうね。

 

そんな浦和の外国人選手について「レッズ史上最強外国人は誰だ?」ということで、平川忠亮コーチがコメントを述べております。エメルソン、ポンテ、ワシントンが、トップスリーですって。で、その記事では浦和の例題外国人選手が紹介されているんですけれど、ブラジルとドイツとアルゼンチン(一番最初の浦和はアルゼンチン的なサッカーを目指していたから3選手がアルゼンチン出身だった)のは多いの知っていたのですが、それ以外にも、スロベキア(ミロ、ルル)とか、スロベニアズラタン、イリッチ)とかクロアチアマリッチ)とか、ユーゴスラビアペトロビッチ)、ポーランド(くヴィッツア)とか、東欧系の選手が多かったのね。

イニエスタや、トーレス、ボトルスキーに脚光が浴びていますが、むかしからヨーロッパや南米の凄腕選手がJリーグに一杯やってきてたのよね、と再確認できる一冊。そして、やっぱ、チャナティップすげーよ。札幌が下位にに沈んだら、浦和に来てくれないかしら?と思ってしまうわ。

 

で、ナンバーを読んで思ったこと。これだけクォリティの高い文章と、写真が、次から次へと登場してくるのがすごい。Jリーグで行われたピクシーの試合の写真、全部持ってるんじゃなかろうか?と思ってしまう。いや~定期購読しちゃいそうだな、これ。

 

 

 

 

戦う商人 中内功 ダイエーは何を目指したのか

著者:小林雅章
発行元:岩波書店

 

目次


プロローグ 辞表
1 ジャングル,飢餓・闇市
2 日本型スーパーマーケット創業
3 規制との闘い,メーカーとの戦い
4 日本一の小売業
5 臨時教育審議会委員になって
6 気にかかること
7 流通科学大学
8 SKHとドーム球場と宴の後
9 日本型GMSの土台が崩れてゆく
10 諫言・辞表,そしてダイエー崩壊
エピローグ 旅のおわり

 

感想

日本の流通小売業界には伝説的な人物が何人もいる。コンビニというインフラを作り上げた鈴木敏夫さん。セゾン文化圏を作り上げた堤清二さん。現在、日本のトップであるイオン帝国を作り上げた岡田卓也さん。そんなイオンのライバルであるイトーヨーカドーを北千住からスタートさせた伊藤雅俊さん。そして、ダイエーを誕生させた、中内功さん。

 

本書はそんな中内功さん仕え、そしてダイエーを追われていった小林雅章さん。小林雅章さんは、元暮しの手帖の編集者で、伝説的な編集者であった花森安治さんに仕えていた人物。

 

花森安治さんといえば消費者視点の商品ジャーナリズムで情報を届けた人物。中内功さんはエブリデーロープライス、良い品をどんどん安くで消費革命を起こした人物。どちらも、視点が消費者だったんだよな。そこに著者は共感していたということが、行間から読み取れる。

 

そして、よくいわれるように中内功さんの原体験は、第二次大戦中、フィリピンで経験した飢餓体験。美味しい食べ物が手頃な値段で購入することができて、そしてお腹を満たすことができること。戦争みたいなバカなことを二度と起こさないような社会にすること。この思いが、中内功さんがダイエーを生み出し、育て上げる原動力になったんだろうな。

 

社会と消費者のためであれば、従来の商慣行を破壊することを厭わない、中内さん。そりゃ、あっちこっちで軋轢を生み出すわけで、松下電器の創業者である松下幸之助さんとは、生涯のライバルであったと、語られるわけですよ。

 

新しいものを生み出して、新しい仕組みを作り上げる。戦後すぐの時代、少なくとも昭和40年まで、流通小売、いわゆるスーパーマーケットというのは、いまで言うベンチャー企業だったわけですよ。破壊と想像。そうやって、時代を切り開いていったわけですね。

 

で、そんな本書の中で、一番刺さった箇所はここ。ダイエーというベンチャー企業が、松下や東芝花王や、資生堂という老舗メーカーや、三越のような老舗百貨店とバチバチやり合うために、現場のリーダーに求めていたこと。

 

ハードな未来に対処するためには、自らが常にソフトでなければならない。硬直化を排し、あらゆる場合に疑ってみなければならない。事故の上に立つ大地ですら動いていることを忘れてはならない。「それでも地球は動く」ーこの精神こそ一歩前進を可能にするものである。
我々は疑い、迷い、そして決断、決定しなければならない。決断、決定のためにこそマネージャーが必要となる。
このためには、マネージャーは膨大な情報量を蓄積しなければならない。ことに、過去の知的生産の蓄積を活用する方法を知らねばならない。「よく読み」「よく書き」「よく考え」ねばならない。その中から、創造的な工夫が生まれ、「よりよい方法」の発見が可能になる。「よりよい方法」は現場で実験され効果を立証され、技術として定着し、さらには、現場とのギャップを生ずることから、新技術開発への妖精を生み出すことになる。 

 

この考え、時代や、業種が違っても、使える真理でありますな。

 

 

闘う商人 中内功――ダイエーは何を目指したのか

闘う商人 中内功――ダイエーは何を目指したのか

 

 

日経ビジネス 2019.3.11

発行元:日経BP

 

感想

大特集は「韓国 何が起きているのか」ですな。いや~もう、だめでしょう。韓国の政権内部に反日派があり、そんな反日派がいろいろしているということは日本にてもよくわかるんですが、そういう政権は選挙で選ばれたんだものなぁ、と。で日韓基本条約自体の見直しとかいわれてしまうと、なんだかなぁとなってしまうわけですよ。だからといって、何かが起きるということはないでしょうが、日本人の韓国好きっていうのが減っていくんっだろうなぁと。まぁ、仲良くデキる人と仲良くして、仲良くできない人とはそういう関係でいいんじゃないのでしょうかね。あと、経済状況とか一切考慮しないで、強制的に最低賃金を上げると、ろくなことがないということが証明されたのはいいんじゃないでしょうかね。文大統領は格差是正を訴えて大統領に選ばれたわけですが、その格差是正とはみんな揃って貧しくなるって感じなんですが、これでいいんでしょうかね?

 

で、その他に面白かった記事。

 

「既存のブランドの派生品相次ぐ サントリー、ボスで紅茶うる理由」
BOSSってコーヒーのブランドじゃないか、と思うのですが、もう、コーヒーだけじゃ儲からなくなってきたのよね、と。新たなブランドを生み出して育てるというコストを負担できなくなってきた、と。人口は減るし、原材料費用は高騰するしね。これって、マーケティングの裾野が狭くなるってことなんじゃないのでしょうかね。まぁ、ブランドが多すぎるって話もありますがね。

 

「AI-OCR 手書き文字も瞬時にデータ化」
おお。OCRにAIが組み合わされた時代が一般的になってきたということでしょうかね。こいつのおかげで、スマホで写真を取ることでデータが入力できるようになってきたわけだしな。

 

そんな今週号を読んでいてみたくなった本。

 

地磁気の逆転 地球最大の謎に挑んだ科学者たち、そして何が起こるのか

地磁気の逆転 地球最大の謎に挑んだ科学者たち、そして何が起こるのか

  • 作者: アランナ・ミッチェル,熊谷玲美
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2019/02/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

チェンジング・ブルー―気候変動の謎に迫る

チェンジング・ブルー―気候変動の謎に迫る

 

 

さらばカリスマ セブン&アイ「鈴木」王国の終焉

著者:斎藤修一
発行元:日本経済新聞社

 

目次


第1部 迷走セブン&アイ
第1章 ビルから出てください
第2章 人事案は私の中にある
第3章 どっちが正しいか、歴史が示す
第4章 祖業でも退場してもらう
第2部 コンビニの父
第5章 常識を覆す成長モデル
第6章 創業家と中興の祖
第7章 進化するコンビニ
第3部 ポスト「鈴木」
第8章 俺もみっともないな
第9章 井阪丸、羅針盤なき船出

 

感想

ワタシが尊敬する経営者の一人で、セブン&アイホールディングスのトップを務めた鈴木敏文さんがいる。そんな鈴木さんの、セブン&アイホールディングス最後の日々に迫った本が本書であります。

 

セブン&アイホールディングス。世界の流通小売り業ではウォルマートや、テスコの後塵を浴びていますが、コンビニではトップレベル(他にどんなコンビニが世界にあるのか、ビミョーだし、「これコンビニ?」と思えるような店舗、cvsファーマシーとかあるしね)。

 

いままでというか、昔からあったコンビニという小売店のビジネスモデルをコンビニという社会インフラに作り上げた人。

 

それが鈴木さん。

 

一緒に働いたことはないですが、たぶん、ものすごく、厳しい方だったのでしょう。でも、その厳しさは、お客様を向いていた。温かいお弁当も、公共料金の支払いも、ATMの設置も、お客様の利便性をかんがえてのことだった。

 

たぶん、セブン銀行が軌道になった段階とか、ホールディングスに移行した時に引退していれば、天才経営者として後世に名を残したんだろうな。

 

それが、できなかった。

 

それ以降、セブンプレミアムも、セブンカフェも、ものすごく良いサービスと製品だけど、生活を一変させるまでには至ってないからな。

 

いま、考えうる機能をすべて満たしてしまったから、成長するよちがなくなってしまった。店舗オペレーションも無駄がなく、効率的だしね。それが店舗あたりの平均日販価格にも現れてるしな(セブンイレブンは65万円、ローソン51万円)

www.ryutsuu.biz

www.ryutsuu.biz

 

もう、守りに入って横ばいを目指す時代になったのが、許せなかったんだろうな。オムニチャネル戦略って、人口と店舗の密度がアメリカよりも圧倒的にたかく、ヤマト・佐川・日本郵政という信じられないほどクオリティの高いロジスティクスサービスを提供する運送会社がある日本じゃ成り立たないよなぁ。。。と。もし、本気でやるのであれば、見た目だけきれいな統合ECサイトを作るのではなく、各店舗、各ブランドのデータを統合しなきゃなぁ。でも、無理だろうなぁ。nanacoカードでさえ、バッチ処理だからなぁ。

togetter.com

 

ということで、「老兵は死なずただ去りゆくのみ」といいますか、「新しい酒は新しい革袋に盛れ」といいますか、人間引き際が大切なのと、大きな会社で偉くなると大変なんだなぁ。。。ということがよくわかりましたな。

 

 

 

さらばカリスマ セブン&アイ「鈴木」王国の終焉

さらばカリスマ セブン&アイ「鈴木」王国の終焉