カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

日経ビジネス 2018.12.17

発行元:日経BP

 

感想

大特集は「謝罪の流儀2018 定石破りの日産 常識はずれの日大」。いろんな謝罪があったけれど、一番うまく謝罪会見をこなしたのは三遊亭円楽師匠じゃないだろうか?っておもったら、不倫で謝罪会見したのは2016年なのね。


ちなみに「常識はずれと言われないために 謝罪における5か条の心構え」ってのがある。

  1. 謝罪は逆転勝利のない負け戦。真摯な対応が絶対条件。
  2. 経営トップは現場を直視すべし。目を背ければ社員も逃げる。
  3. 誰に何を伝え、何を守るのか。会見の目的は明確に。
  4. 世の中にどう映るかがすべて。内向き志向は悲劇を呼ぶ。
  5. 想定以上に理解につながる。時には「辞める」潔さも。

 

で、他に面白かった記事。

 

「カリスマなき後の日産が抱える不安」
ですよね。いまや世界トップクラスのルノー日産三菱連合ですが、いまから20年前の日産は「明日にも倒産する」っていう会社だったんですよね。そんな会社に戻るのですかね?戻るのでしょうね。ただ、90年代の日産には「まだ日本国内」で売れるモデルがいくつもあったんですよね。マーチ、キューブ、セレナ、エルグランド。今後はどーなるんでしょうね。日産ディーラーでルノーを販売していれば、シェアはもっと伸びたでしょうね。日産ディーラーでのルノー車販売、ゴーンさんも挑戦したけれど、時期が悪かったよね。あの頃、魅力的なルノー車なかったしな。

 

スマホ決済、ヤフー・ソフトバンクが空中戦 100億円ばらまきの勝算」
総額100億円を用意して、決済金額の20%を利用者に還元するって話が先行していますけれど、ビッグカメラ以外の、街なかのお店でもすでにPaypayが使えることのほうが、実は凄いのよね。ソフトバンク、どこまで営業してるんだよって。この泥臭い営業力が営業会社としてのソフトバンクの凄さだよな。

 

「アマゾン・ゴーに負けるな!未来型の無人店舗、日本でも」
アメリカはもちろん、中国でも無人店舗が多やはりだものな。オムニチャネルは日本で失敗したけれど、無人店舗は成功しそうね。ってか、流行りそう。店舗内の動きをすべてデータ化するので、このデータがオンライの行動とつながると、ソレはソレは凄いことになりますよね。で、赤羽駅無人店舗を開発したのは金融機関向けのシステムコンサルティングを手がけるサインポストなんだと。

 

で、そんな今週号を読んでいたら、こんな本を読みたく成りましたな。

 

マンガ 宝くじで1億円当たった人の末路

マンガ 宝くじで1億円当たった人の末路

 

 

 

もしブラック・ジャックが仕事の悩みに答えたら

もしブラック・ジャックが仕事の悩みに答えたら

 

 

 

 

 

日本史で学ぶ経済学

日本史で学ぶ経済学

 

 

 

 

 

日本史の新常識 (文春新書)

日本史の新常識 (文春新書)

 

 

 

ビジネスフレームワーク図鑑

著者:株式会社アンド
発行元:翔泳社

 

目次


序章 フレームワークを活用するために
第1章 問題・課題を発見する
第2章 市場を分析する
第3章 課題解決のためのアイディアを練る
第4章 戦略を立案する
第5章 業務を改善する
第6章 組織をマネジメントする
第7章 他者に伝える・共有する

 

感想

 

ある程度、経験を積んできたコンサルタントや、ソリューション営業マン、そしてマネジメント職な方々にとっては、あまり新しいことは書かれていないと思う。逆に、この本に書かれていることが「え!そうだったんだ!」と感じるようではやばい。

 

でもね、だからといってこの本を読まないとか、この本の意味がないとか思ってはだめなのです。

 

世の中にはものすごくたくさんのフレームワークがあります。先人たちの努力の賜物ですね。これらを使うことで、様々な課題や問題をきれいにわかりやすく整理することができるのです。

でもですね、もしかするとワタシの読書量が少なかっただけなのかもしれませんが、たくさんあるフレームワークを、それぞれの目的ごとに分類してある書籍って、いままでなかったと思うのですよ。

 

これがあると何が便利か?

 

新卒1年生の方々に対して、「いまは市場の分析フェーズなんだから、〇〇を▲▲で…」と説明するだけで、あとはいそいそと、この本の中から最適であろうと思われるフレームワークを自分で探し出してくるようになるわけですよ。

 

それが適切なのかどーかは、ワタシがレビューするときに判断しますが。

 

さすがに、「おまえ、これ使って考えろ!」とかまでやっちゃうと、考えることを放棄しちゃうことになりますしね。

 

ということで、この本は、通常業務をこなしながら、新人君たちの教育と、仮免許練習につきあわされるワタシのようなおじさんには最適な本だったりしますね。

 

ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70

ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70

 

 

ダイヤモンドチェーンストアー 2018.9

発行元:ダイアモンド社

 

目次

アメリカ小売業大全2018
ウォルマート
アマゾン・ドット・コム
クローガー
ホールフーズ・マーケット
コストコ・ホールセール
アルディ
過熱!買い物代行&即時配送サービス
変貌するダラーストア
百貨店の転換点
ショッピングモール復活の条件
シェアリングエコノミーをビイジネスに組み込む方法
エアークローゼット
AsMama(アズママ)
sitateru(シタテル)

 

感想

この雑誌の素敵なところは、デジタルマーケティングや、EC戦略が「ツール」ではなく「実利」で語られていると悪露なんですよね。どんな素敵な機能があるツールだって、費用対効果にあわなかったら導入しないしな。そこにグイグイ食い込んでくる、この雑誌は素敵です。デジマの雑誌ではなかなか出会えない視点ですものね。

 

そんな今月号ではアメリカ小売業大全2018」の記事が読みたかったんですよ。

で、この記事を読んで得られたことといえば、「顧客体験の提供価値の向上」がアメリカではアツいってことですね。単なる便利にお買い物させる、だけじゃないんですよね。買うことに取る楽しさや、、便利さを提供しているのだという。アメリカではオンラインとオフラインの垣根がどんどんどんどんなくなってきているので、その状況を含めての顧客体験の価値提供だとな。オムニチャネルは日本で失敗したけれど、無人店舗は日本でも成功しそうなので、そうなると、アメリカと同じようにオンライン・オフラインを行き来しての顧客への価値提供が重要となりますな。
この文脈で語られる「ECが消費者にもたらすスペース・資金・時間の余裕」というみっだ子が一番刺さりましたな。

 

ちなみに、2018年のアメリカの売上高トップ10は下記の通り。

  1. ウォルマート
  2. アマゾン・ドット・コム
  3. CVSヘルス
  4. コストコ・ホールセール
  5. ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス
  6. クローガー
  7. ホームデポ
  8. ターゲット
  9. ロウズ
  10. ベストバイ

ウォルマートは店内にEC部門を設置する一方、Amazonはリアル拠点の設置をすすめているという。そのサービスはアマゾン・ゴーだけでなく、フレッシュ・ピクアップ、アマゾン・ブックスにまで多岐にわたる。もちろん、ウォルマート以外の小売もECに力を入れるスーパマーケット米国最大のクローガーも、COSTCOもEC化に力を入れているという。

 

あと2~3年もすれば、アメリカでは「オンライン」「オフライン」の垣根なんてなくなっちゃうんでしょうね。実際はあるのだろうけれど、その垣根を感じさせないような、購買行動となるんだろうな。

 

他に気になった記事といえば、「クックパッド、生鮮ECに参入!」と「ドンキの新事業 会員制フリースペースは地方大型店立て直しの処方箋となるか」ですね。

 

 

 

 

日経ビジネス 2018.12.10

発行元:日経BP

 

感想


大特集は「そんなに凄いの?中国発技術革新チャイナイノベーション
中国は凄いです。Webのしごと、デジタルの仕事をしていると、日々、痛感させられます。共産党政府の検閲は凄いですし、グレートファイアウォールに囲まれた世界では自由はないですし、その技術がチベットウイグルでは人権弾圧に使われていますが、ソレは事実ですが、プラスの面もたくさんあります。そして、アメリカを超えている領域もたくさんあります。日本なんか、足元に及ばないでしょう。中国を見下しているとアウトです。

 

で、そんな特集の中から気になった企業はこんな企業。

  • 滴滴出行(Didi Chuxing)・・・中国のライドシェア最大手
  • 大疆創新科技(DJI)・・・民間ドローン最大手
  • 満幣集団(Manbang Group)・・・トラックと貨物をマッチングさせるトラック版Uber
  • 商湯科技(Sense Time)・・・顔認証技術の最先端企業
  • 遊侠汽車(Yuxia Motors)・・・2014年創業のEVメーカー。アリババや、鴻海が出資。
  • 柔宇科技術(Royole Corporation)・・・折り曲げ可能なディスプレイを開発
  • 海思半導体(ハイシリコン)・・・Huawei傘下の半導体メーカー
  • 寧徳時代新能源科技術(CATL)・・・車載電池

 

で、そんな中国のハイテク企業を指してBATというのがあるそうな。GAFAみたいなものね。Bはバイドゥ、Tはテンセント、Aはアリババですな。

 

日本だと、ZOZOとメルカリとLINEでZMLとかたるのかしら?
とりあえず、中国の今がわかる素敵な特集でしたな。

 

で、今週号で他に面白かった記事。

 

「是正に高いハードル 日産を追い込む不平等条約
そりゃ、飲み込まれた側だから、不平等条約はあるでしょう。でも、だからといってゴーンさんを追い落として良いとは限らないわけでね。これ、東京地検特捜部はどーするんだろうな。訴えても、公判を維持できないんじゃなかろうか? そして、無罪になってしまったらどーするのだろうか? どちらにしろ、日本は推定有罪の国で、人権意識に関しては北の将軍様の国と同レベルだということが、世界中にわかったから良いのではないか?

 

「誕生から20年、既存モデルに行き詰まり ネット証券の限界と挑戦」
そりゃそーだよ、と。店舗がある証券会社と比較すれば大きく違うけれど、ネット証券会社だけで比較したらサービスがほとんど同じだものな。で、そうなると価格と認知度以外で差別化を図ることができなくなる。で、それだけだと、結局、シェアは変わらない、と。

 

で、そんな今週号を読んでいたら、読みたくなった本。

 

感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得

感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得

 

 

 

アップル 驚異のエクスペリエンス

アップル 驚異のエクスペリエンス

 

 

 

星野リゾートの事件簿

星野リゾートの事件簿

 

 

 

フラグメント化する世界 ーGAFAの先へー

フラグメント化する世界 ーGAFAの先へー

 

 

いまの経済を作ったモノ50

著者:ティム・ハード
役者:遠藤真美
発行元:日本経済新聞社

 

目次

はじめに
I 勝者と敗者
II 暮らし方を一変させる
III 新しいシステムを発明する
IV アイディアに関するアイディア
V 発明はどこからやってくるのか
VI 見える手
VII 「車輪」を発明する
結び

 

感想

我々の世界には、それぞれ、意味があるのです。何気なく利用している仕組みや、サービスも、それぞれに意味を持っているのです。
何気なく利用しているもの、そのサービスや者が登場したことにより、今の世界が生まれたわけですよ。経済が発展したと。
そういう50の発明というか、発見が記載されている本。

 

とはいえ、この本で紹介されている内容はジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」や、マルク・レビンソンの「コンテナ物語」で紹介されていることだったりします。

 

そんなわけでして、知っている話はしっている話です。

 

でもね、ここに紹介されている50の物語をすべて知っている博学な人って、荒俣宏先生か、佐藤優先生くらいしかいないんじゃないかと。

 

で、ぶっちゃけ、この本に書かれている内容を知らなくても、フツーに生活はできます。iPhoneの成り立ちを知らなくても、フツーにスマホでゲームはできますからね。ディーゼルエンジンの発明者がディーゼルって人で、軽油だけでなく、植物油でも動くエンジンを最初から考えていたってことを知らなくても、天ぷら油で動くバスを見て「おお!すげぇ!」って驚くことできますからね。

 

でもね、知っているといいことがあるんですよ。

 

なぜ、ディーゼルさんに「暗殺」という噂が立っていたのか? なぜ「有鉛ガソリン」はその危険性が指摘されていながらも、長年、使われ続けていたのか?を知っていると、今後新しい技術が出てきたときの対応方法や、世の中で発表される情報に対する疑問の投げかけ方を知ることができるからね。

 

知らなくても、生活はできるんだよ。

 

でも、そのスタンスだと、ずっと「社会の傍観者」で終わってしまう。
社会の傍観者って言い方は大げさだけれど、人生を主体的に生き抜くのであれば、こういう情報をたくさん知っていたほうが良いのよね。

 

人生を豊かに、楽しくしてくれる、そんな情報が詰まっている本です。

 

昭和を動かした広告人

昭和を動かした広告人