WEB銭の読書やグラベルロードのメモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

花森安治選集 第一巻 美しく着ることは、美しく暮らすこと

 

著者:花森安治
発行元:暮しの手帖社

 

花森安治選集 第一巻まとめ

天才編集者にして天才エッセイスト・花森安治のエッセイ集。これが戦後すぐに書かれたことに驚く。

 

花森安治選集 第一巻を読んだ理由

奥さんに勧められたので

 

花森安治選集 第一巻で仕事に活かせるポイント

幅広い教養が必要

 

花森安治選集 第一巻の目次

『スタイルブック』と『衣裳』 おしゃれ心に灯を点けよう
美しい暮しの手帖』創刊 花森安治の「衣裳」哲学
衣裳研究所から暮しの手帖社へ ほんとうの美しさは、真実の暮らしから

 

花森安治選集 第一巻の感想

暮しの手帖」を創刊した天才編集者・花森安治のエッセイ集。いや、正しくはエッセイじゃないのだよね。花森安治が書いた文章集なのよ。それも、ファッションや、デザイン、そして暮らしに関して。

21世紀の今に読んでも通じる内容が多数ある。すげーな。なんだろうなぁ。時代の最先端にいたはずなのだけれどな。時代の最先端とは、ベーシックな世界なんだろうな。だから、今読んでも納得できる話が多いのだろうな。

 

 

タイトル:花森安治選集 第一巻 美しく着ることは、美しく暮らすこと
著者:花森安治
発行元:暮しの手帖社

日経ビジネス 2023.06.12

 

発行元:日経BP

 

日経ビジネス 2023.06.12まとめ

高齢者社会で、高齢者を一般的な人として扱うためにはどうすればいいのか?しっかりと考えていかねばならない時代がきたということよね。

 

日経ビジネス 2023.06.12を読んだ理由

週に一度の情報収集

 

日経ビジネス 2023.06.12で仕事に活かせるポイント

とくになし

 

日経ビジネス 2023.06.12の感想

特集は「認知症に克つ 脳から生まれる新市場」。認知症に克つということは、認知症にならないように生活していくってことだよね。まぁ、認知症だけの話じゃないけどね。医療へのアクセスが簡単にできるようになる時代ではなくなるのでね。健康でいるのが重要なのよね。

 

そんな今週号で他に面白かった記事はこれ。

 

「使い回せるバッテリー職人に刺さるマキタ流」
マキタの電動工具は凄く使えるからね。我が家にはないけど(笑)マキタの電動自転車はすごい気になるのだけれど、小さいんだよなぁ…。もっと大きければいいのに。

 

「F1も脱炭素でホンダが翻意」
いやー脱炭素だけが理由なわけないよ。マーケティングだよ。マーケティング。世界中で利益が出なくなったいる自動車、新興国メーカーにシェアを奪われ続けている二輪車。この状況を改善するための起死回生策ですよ。

 

セブン&アイ株主総会で経営陣勝利 井阪社長、支持率76%は盤石か?」
厳しいんじゃないですかね?何も新しいことを生み出せなくなっているセブンだものな。この戦いはずっと続くんだろうな。

 

タイトル:日経ビジネス 2023.06.12
発行元:日経BP

「脱会社」の架け橋!!新時代の働き方「DAO」ワークのはじめかた

 

著者:上野亜揮
発行元:X2E-DAO

 

「DAO」ワークのはじめかたまとめ

この本ではDAOの仕組みとDAOを使ったビジネスの方法を教えてくれますね。DAOの説明よりも、DAOを利用した副業のすすめですね。

 

「DAO」ワークのはじめかたを読んだ理由

DAOについて知りたかったので

 

「DAO」ワークのはじめかたで仕事に活かせるポイント

特になし

 

「DAO」ワークのはじめかたの目次

現代社会の問題点 by けんちろ
DAOとは何か? by IZANA
DAOの可能性や将来性 by jacoblog
DAOの具体例 by ヘイ
DAOの参加の仕方 by くつべら
エッセイ by X2E-DAO Member

 

「DAO」ワークのはじめかたの感想

DAOという仕組みのことと同じくらい、DAOを利用しての副業、ビジネスの方法を教えてくれる本ですな。

 

 

タイトル:「脱会社」の架け橋!!新時代の働き方「DAO」ワークのはじめかた
著者:上野亜揮
発行元:X2E-DAO

DAO【分散型自立組織】と言う考え方

 

著者:DAO研究会
発行元:アマゾン

 

DAO【分散型自立組織】と言う考え方まとめ

DAOの概念を理解できたような、理解できないような・・・でも、Kindle Publishingの良さは理解できましたよw

 

DAO【分散型自立組織】と言う考え方を読んだ理由

DAOについて知りたかったので

 

DAO【分散型自立組織】と言う考え方で仕事に活かせるポイント

Kindle Publishingを上手く使うとビジネスが伸びる

 

DAO【分散型自立組織】と言う考え方の目次

「DAO」とは何か
「DAO」がなぜ注目されているのか、NFTを簡単におさらい
NFTになぜ「DAO」が必要なのか?
「DAO」のデメリット
「DAO」の現在と将来について
「DAO」を活用するスタートアップについて

 

DAO【分散型自立組織】と言う考え方の感想

最近少し下火になってきてますけれど、DAOについ手を教えてくれる本です。

わかりやすく教えてくれます。

教えてくれるのですけれど、内容はDAOについてより、KindPublishingについての説明の方が多かったりします。

 

 

タイトル:DAO【分散型自立組織】と言う考え方
著者:DAO研究会
発行元:アマゾン

1時間の仕事を15分で終わらせる

 

著者:清水久三子
発行元:かんき出版

 

1時間の仕事を15分で終わらせるまとめ

やはり仕事は細かく分解して取り組むことが重要なんだよね。時間はいくらでもかけることはできちゃうので、しっかりと始まりと終わりの時間を定義することが重要なのよね。

 

1時間の仕事を15分で終わらせるを読んだ理由

仕事を早く終わりにしたかったので

 

1時間の仕事を15分で終わらせるで仕事に活かせるポイント

もう、すべてですね

 

1時間の仕事を15分で終わらせるの目次

スピードが変わると、人生に何がおきるのか?
インプット×選択力
プロセス×処理能力
アウトプット×突破力
コンディション×持久力

 

1時間の仕事を15分で終わらせるの感想

著者が身につけた、仕事を素早くこなす秘訣。

話しはシンプルで「仕事は細かく分解する」「最初から稼働時間を決めておく」この2点に話しは集約されるのですよね。頑張ってだらだら長時間仕事をしない。そもそも長時間仕事をすることは結果にもクォリティにも何も紐付かないことを、この本は教えてくれる。

つらいなw

毎日の業務時間を6時間だと定義して、6時間で仕事が終わるようにタイムマネージをすると良い。

どれだけ立派にマネジメントしたって時間通りに仕事は終わらないのだから、1日が終わると8時間の仕事になるという。

まぁ、おっしゃるとおりですよね。

そして、仕事というのは一人で完結するモノじゃない。

夏目漱石の「草枕」に出てくるこのフレーズが象徴的に使われている。

 

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。「理屈だけで動いていると人と衝突する。逆に人のことばかり考えていると相手に折れてばかりで流されてしまう。かといって自分の意地でゴリ押ししようとすれば、肩身が狭くなっていく」という意味ですが、この言葉は、まさに以前の私が経験したことを言い当てています。

 

ヒトとヒトとの関わり合いが重要なのよねと言うことを教えてくれる。

自分の成果をしっかり説明しないとダメだしね。

説明すると言うことは、相手に納得してもらうことだからね。

ではどうすれば良いの?そのことにたいしても、著者はわかり安例で教えてくれる。

 

アウトプットとアウトカム。この二つの言葉の違いを明確に言うと、アウトプット=仕事を通じて実際につくり出したものアウトカム=つくり出したものによって発生した効果やよい状態

 

そうなのですよ。

あなたの仕事の結果を説明するのではなく、あなたの仕事によって得られる良いことを説明しないとダメなんだよな。

だからこそ、この言葉が心にしみる。

 

相手の言葉で話すことは自分の仕事の成果を実感すること。自分がやったことではなく、相手がそれで何ができるのか?を語れるようになろう

 

 

タイトル:1時間の仕事を15分で終わらせる
著者:清水久三子
発行元:かんき出版