WEB銭の読書やグラベルロードのメモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

EDIの知識

著者:羽土力
発行元:日本流通経済新聞社

 

EDIの知識のまとめ

今更EDIなのか?いまだからEDIなのか?Web購買が一般的になったけれど、B2B ECが一般的になったけれど、EDIの考え方をベースにしないと、そりゃうまく回らないよな、ということがよくわかった。

 

EDIの知識を読んだ理由

B2B ECを取り扱うようになったので

 

EDIの知識で仕事に生かせるポイント

取引業務プロセスを分析し、そのなかでEDIの対象とする業務を選定すること。次に、各業務に必要なデータ項目を選定し、そのなかで使用するコードを決めていく。コードの中では商品コードと企業・事業所コードが重要になる。

 

EDIの知識の目次

1 取引の電子化とedi
2 EDIの仕組み
3 EDI導入の進め方
4 EDIの標準化と導入の実際 国内と海外の動向
5 EDFIを活用した流通情報システムの進化

 

EDIの知識の感想

EDIといったら電子データ交換のこと。わたしの入り口はB2B ECだけえど、世の中的にはEDIの方が一般的なんだろうな。

標準化された規約にもとづいて電子化されたビジネス文書を専用回線やインターネットなどの通信回線を通してやり取りすること。とりわけ、企業間の取引を行うこと。

そのことについて本書は基礎的なことから、しっかりと教えてくれる。

まぁ、2000年代に発行された本なので、もしかしたら内容は古くなっているのかもしれない。

専用線なんか関係ない、Web EDIの世界になるしね。

ということで、本書の中で刺さったのが、EDI構築のプロセス。

ステップ1:目的の明確化と展開計画の基本
ステップ2:業務およびシステム設計、開発、テスト~導入
ステップ3:EDI導入効果と適用範囲の拡大

構築のプロセス(ステップ)は、B2B ECと変わらないんだな。

そりゃそうか。

ここまで抽象度を高くしたら。

 

 

タイトル:EDIの知識
著者:羽土力
発行元:日本流通経済新聞社

ブラックジャックによろしく

 

著者:佐藤秀峰
発行元:佐藤漫画製作所

 

ブラックジャックによろしくまとめ

研修医の斉藤英二郎が医療の闇を暴くマンガ・・・ではない。外野が様々と騒ぐマンガだけれど、このマンガって人間の成長を描いた作品だよな、と思うわけです。しっかりとした目的を持たずに医師となった若者が、数多くの壁にぶつかりながら、様々な現実と戦いながら、成長していく。そして、それ他の先輩医師も同じように歩んで来た道。「あぁ・・・私もこうやって熱意を失って、現実を知って、折り合いをつけて生きてきたんだな・・・」っておっさんになってから、このマンガを読み直すと、心が痛むわけです。

 

ブラックジャックによろしく本を読んだ理由

この作品が好きだから

 

ブラックジャックによろしく仕事に活かせるポイント

どこかで折り合いをつけないと、誰かが死んじゃうんだよ

 

ブラックジャックによろしく目次

第一外科編
循環器内科編
NICU(新生児集中治療室)編
がん医療編
精神科編

 

ブラックジャックによろしく感想

そもそも元ネタというかモチーフにしている「ブラックジャック」を知っている人って、減ってきたんじゃないでしょうかね?天才的な闇外科医を主人公にした手塚治虫の名作。その名作をタイトルに組み込んだのが、本作品。

 

激務で薄給な研修医制度を描いたと思いきや、次々と日本における医療制度の闇に迫っていく本作。

その中で繰り広げられる愛憎劇。

恋人の皆川ちゃんとぶつかっては離れ、そしてまた一緒になる、主人公の斉藤センセイ。

そんな斉藤センセイも、葛藤の中で成長していくんだよね。

人はそうやって、社会に折り合いをつけながら成長していくのだ。

そんな壁にぶつかり、様々なハレーションを起こすのは主人公だけでなく、本作の作者も同じ。

同じストーリーなんだけれど、タイトルが変わるんだよね「新ブラックジャックによろしく」って。

そして、連載されていたマンガ雑誌も変わるという。

まぁ、連載時は、私、モーニングもスピリッツも読んでいたから問題なかったけれどね。

その当時、出版社内、編集部内で起きていた出来事を思い浮かべながら、読み進めることをお勧めしますよ。

 

 

作者と主人公が、だんだん重なってくるから。

タイトル:ブラックジャックによろしく
著者:佐藤秀峰
発行元:佐藤漫画製作所

日経ビジネス 2022.09.05

発行元:日経BP

 

日経ビジネス 2022.09.05のまとめ

この記事を読んで、プンスカ怒る人が多いんだろうな。とくにクルマ関係者で。でもな、ホンダという会社は昔から、生活に役立つモノを作る会社だったんだよ。スポーツカーをつくる会社じゃないんだよ。

 

日経ビジネス 2022.09.05を読んだ理由

週に一度の情報収集

 

日経ビジネス 2022.09.05で仕事に活かせるポイント

広がれイクメン休業 男女格差是正の試金石」ですな。育児休暇は男性も取らなきゃだめだよ。子供がいる家庭ばかりをエコひいきするなって声も聞こえてきますが、子供は社会で育てるのだからね。みんなで支えるのが当然だよ。

 

日経ビジネス 2022.09.05の感想

特集は「ホンダ覚醒 よみがえる革新のDNA」ですね。ホンダは、スポーツカーや、レーシングカーを作る会社じゃないんだよ。日常の生活に役立つ道具を作る会社。その手段がレーシングカーだっただけ。なので、トヨタのように「走る喜び」なんて求めなくていいんだよ。マンマキシマム・マシンミニマムの考えで、様々な道具を作って欲しい。そう考えれば、ミニバンと軽自動車だらけのラインナップも納得する。ただ、HRCだけは、ぶっ飛んだレーシングカーや、レーシングバイクを作って欲しいな。何しろ、市販しないのにMTBを作った会社なんだから。

 

で、そんな今週号で他に面白かった記事はこれ。

 

「第二のお母さんを紹介 ぴんぴんころり」
ひましているおばさまを、ワンオペ育児をしているお母さんを助ける立場として派遣する。すごくいいビジネスモデル。昔は近所のおばさんも、育児に協力してくれていたからね。

 

「不屈の路程 辰野勇」
おおおおお!モンベル創業者の辰野さんだ!私にとっては、スノーピークよりも、パタゴニアよりも、モンベルです。「一番大切なのは自分である」と、なかなか他の経営者の口から出てくることはない言葉。それはやはり、登山という、本当に命がけの趣味を持ってるからなのでしょうね。だから、経営に命をかけるようなことはしないって。人生が先で、仕事はその中の一つって、最高だな。仕事でメンタルと身体を壊した私には沁みる言葉です。

 

「ドイツ、苦渋の脱原発延期論」
世界中で、日本だけだよ。脱原発やってるの。脱原発なんて、世界が平和で、燃料費用が安いときの戯言だよ。

 

「みなし入院に振り回される生保」
もうさ、コロナをインフルエンザと同じにすればいいんだよ。それで困るのは、コロナ利権に群がっている、コロナ村の住人だけだよ。

 

メタバースで新規顧客を開拓 オオテが学ぶ仮想空間の作法」
メタバースは流行るだろうけれど、セカンドライフの亜流みたいなものじゃないよ。ゲームだよ。それ以外はないよ。セカンドライフで懲りたでしょう。

 

そんな今週号を読んでいて読みたくなった本はこれ。

 

 

 

 

 

タイトル:日経ビジネス 2022.09.05
発行元:日経BP

オフィス北極星 

 

原作:真刈信二
作画:中山昌亮
発行元:講談社

 

オフィス北極星 まとめ

ニューヨークを舞台に繰り広げられる日本人リスクコンサルタントの物語。日米の文化の違い、アメリカの社会構造、そしてアメリカの訴訟問題が軸に物語が進んでいきます。同じモーニングに連載されていたサラリーマン漫画である「島耕作」とは全く違う世界が繰り広げられます。

 

オフィス北極星を読んだ理由

モーニング連載時からファンだったので

 

オフィス北極星で仕事に活かせるポイント

自分の中に柱を作ることは重要。あと、いつでも会社を辞められるスキルが重要。

 

オフィス北極星の目次

電話機のノイズ
砂の匂い
ロバの頭
ドクター・アラモ
ベジタリアン
2つのドガ
5%の法則
日本人の孤独
マグロの曲線美
誇り高き契約
天使の懺悔

 

オフィス北極星の感想

1993年から1998年にかけてモーニングで連載されていた作品。主人公の時田強士が、とてもスマートでかっこいい。島耕作のように女性にものすごくもてるのだけれど、島耕作のようにドロドロしていない。それは、日本企業を舞台にしたのではなく、ニューヨークの小さな事務所を舞台にしたからなのか。

 

そんな島耕作が務める初芝電産のような大企業から、岐阜の零細企業、マグロの仲買を行う仲買会社など、様々な日本企業が登場し、物語をもり立てる。また、アメリカの保険会社や、超セレブ、医療機関や、協会の児童養護施設について触れる話も。

行ったことのないアメリカについて触れることができるいい作品だったなぁ。

あれから何度もアメリカに行っているけれど、ニューヨークに入ったことないんだけれどねw

 

 

タイトル:オフィス北極星 
原作:真刈信二
作画:中山昌亮
発行元:講談社

サッカーダイジェスト 2022.9.22

発行元:日本スポーツ企画出版

 

サッカーダイジェスト 2022.9.22のまとめ

ようやくリカルドレッズの凄さが、皆に伝わるようになってきましたな。最高ですな。このまま、浦和レッズは最強クラブに進化していってほしいですね。

 

サッカーダイジェスト 2022.9.22を読んだ理由

そりゃ、酒井宏樹とDMKの表紙がかっこよかったので

 

サッカーダイジェスト 2022.9.22で仕事に活かせるポイント

とくになし

 

サッカーダイジェスト 2022.9.22の感想

特集は「浦和レッズ3度目のアジア王者挑戦記」ですね。ACL東地区のチャンピオンになれましたもの。あとは、アジアナンバーワンのなるだけですね。アジアでの戦いは面白いですね。これぞチャンピオンリーグですわ。

 

 

タイトル:サッカーダイジェスト 2022.9.22
発行元:日本スポーツ企画出版