WEB銭の読書やグラベルロードのメモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

日経ビジネス 2021.09.27

発行元:日経BP

 

 

日経ビジネス 2021.09.27のまとめ

ゲーム、そんなにしないから、わからないことだらけだwゲームが人気で、eSportsが人気なのはわかっているけれどね。据え置き型ゲーム機の歴史があって、スマホゲームだと、と言われましてもなぁ。最初からそっちに向いてしっかりとしたゲームを開発できる、開発する会社が登場しないからじゃないでしょうかね。

 

日経ビジネス 2021.09.27を読んだ理由

毎週の情報収集

 

日経ビジネス 2021.09.27で仕事に活かせるポイント

とくになし

 

日経ビジネス 2021.09.27の感想

今週号のメイン特集は「日本勢はガラケーか?ゲーム進化論」なんですけれどね。子供と一緒にSwitchやるくらいだからな。細かいことはわからないよ。そんなにゲームしないし。子供の頃にハマっていたのも、若い頃にハマっていたのも、シミュレーションだからな。信長の野望とか、三国志とか、シムシティとか、大戦略とか、マッデンとか。そんなわけで、日本のゲームが世界からずれているのかどーかも、わからないっす。

 

で、そんな今週号で面白かった記事はこれ。

 

「有訓無訓 神戸大学名誉教授 石井淳蔵
欧米でブランデといえば、市場を細分化した上で競争優位を図る「ブランドポジション」の追求が目立っているのだと。目指す市場分野ごとに設計図を決め、戦略を実行しているのだと。石井教授、マーケティングの専門家なのね。石井教授の論文をいろいろと読もう。

 

「不正発覚相次ぐトヨタ系販売店CASE時代の急所、守れるか」
FACTAでも掲載されていた話ですね。トヨタの敵はトヨタになってしまい、現場に余裕がなくなってしまっているのよね。しかし、自動車の走行データの扱いに関して、販売店が介在できる余地はあるのか?ユーザーとメーカーのものなのでは?

 

ENEOS三菱ケミカルが廃プラ油化 脱炭素でコンビ名復権へ」
すごいな、この技術。高温高圧の超臨界水で廃プラを分解して、液化するのだって。この技術自体はイギリスMuraTechnologyの技術。日本では三菱ケミカルの茨城事業所に油化のためのケミカルリサイクル設備を整備し2023年度から事業化するんだって。ENEOSの石油精製装置や、三菱ケミカルのナフサクラッカーの原料とし使うんだって。

 

「キッチンカーが見付けた次の市場 産直野菜をマンションで販売」
頭のいいこと考えましたね。キッチンカー運営支援のスタートアップMellowが始めるんですって。

 

そんな今週号を読んでいて、読みたくなった本はこれ。

 

 

 

タイトル:日経ビジネス  2021.09.27
発行元:日経BP

サイコ

f:id:kanmani71:20211208164413p:plain

映画.comより)

」と同じように、子供の頃に見た映画。だったはず。しかし、私の記憶に強烈に残っていたのは、どうやら「」の方だったようですな。何しろ、このキャプチャーに使われている女性が主人公だと、勘違いして記憶していたのだもの。

ん?主人公であることには変わりないかな?

ベイツ・モーテルで繰り広げられる惨劇。いくつも設定される伏線。改修される伏線もあれば、回収されない伏線もある(回収されなかったら、そもそも伏線じゃないのでは?)

追われるモノと追うモノの心理戦が繰り広げられる寂れたモーテルでのお話。広大なアメリカで繰り広げられる密室劇というのが好きなんだよなぁ。

 

しかし、私の記憶の中には、そこまで細かな情報は残っていなかったんですよ。何でだろう?Wikipediaをみたら、様々な(吹き替え)バージョンの「サイコ」があったんだね。きっと、他の映画の記憶とごちゃ混ぜになってたのだろうな。

 

役名 俳優 日本語吹替
東京12ch フジテレビ TBS ソフト版
ノーマン・ベイツ アンソニー・パーキンス 西沢利明 辻谷耕史
マリオン・クレイン ジャネット・リー 山東昭子 武藤礼子 佐々木優子
ライラ・クレイン(マリオンの妹) ヴェラ・マイルズ 幸田弘子 鈴木弘子 相沢恵子
サム・ルーミス(マリオンの恋人) ジョン・ギャヴィン 広川太一郎 川合伸旺 神谷和夫 小山力也
ミルトン・アーボガスト(私立探偵) マーティン・バルサム   島宇志夫 渡部猛 有本欽隆
アル・チェンバース(保安官) ジョン・マッキンタイア   雨森雅司 八奈見乗児 飯塚昭三
フレッド・リッチモンド精神科医 サイモン・オークランド英語版   岡部政明 加藤正之 稲葉実
トム・キャシディ(金持ちの経営者) フランク・アルバートソン英語版   雨森雅司  
チェンバース(保安官)夫人 ルリーン・タトル   鈴木れい子    
キャロライン(マリオンの同僚) パット・ヒッチコック英語版   吉田理保子 榊原良子  
ジョージ・ロウリー(不動産会社の社長) ヴォーン・テイラー英語版   北村弘一    
チャーリー(中古車店の店主) ジョン・アンダーソン英語版   村松康雄    
ハイウェイパトロールの警官 モート・ミルズ英語版   木原正二郎 郷里大輔  
ノーマ・ベイツ(ノーマンの母親)の声 バージニア・グレッグ英語版
ポール・ジャスミン英語版
ジャネット・ノーラン
  京田尚子   磯辺万沙子

Wikipediaより)

 

トラクターの世界史

著者:藤原辰史
発行元:中央公論新社

 

ラクターの世界史まとめ

ラクターが戦車のベースになっているなんて、知りませんでした。大地を耕す平和な機械だとばかり思っていました。冷静に考えれば、悪路でも動き、地面を掘り起こす機械なのだから、そのまま戦車に転用できますよね。そして、そんなトラクターによる農業の機械化が早い段階で終わっていた国があるのですよ。アメリカ、ソ連、イギリス、ドイツ。日本の農業で本格的な機械化が進むのは第二次世界大戦後なんだよな。国力とは、と考えてしまうわけですよ。

ラクターの世界史を読んだ理由

本屋さんで平積みされていて、面白そうだったから

 

ラクターの世界史で仕事に活かせるポイント

特になし

 

ラクターの世界史の目次

第1章 誕生 革新主義時代のなかで
第2章 トラクター王国アメリカ 量産体制の確立
第3章 革命と戦争の牽引 ソ独英での展開
第4章 冷戦時代の飛躍と限界 各国の諸相
第5章 日本のトラクター 後進国から先進国へ
終章 斯界が変えた歴史の土壌

 

ラクターの世界史の感想

それまで人力や、馬や牛などの家畜に頼っていた、農地の整備。このような時代を一気に時代遅にしてしまった機械が、トラクターなのです。エンジンの出力でタイヤを動かすだけでなく、地面を耕すローターも動かしたトラクター。広大な農地を耕すのに最適な乗り物で、大規模農業がひろまっていたアメリカで、大規模に受け入れられることから始まりました。20世紀初頭のトラクターメーカーにフォードの名前があったのには、胸アツです。

アメリカ製のトラクターが、ソ連や、イギリス、ドイツなどにわたり、現地化され、それぞれの国で独自の進化を遂げるようになったのだとな。この流れは自動車やバイク、飛行機と同じ感じがしますね。

で、我が国、日本について考えてみる。もちろん、戦前にトラクターは輸入されてきた。しかし、他の国のように一気に農業の機械化が進むことはなかった。何故か?そもそも、ベースとなる重工業が十分に発達していなかったから。言われてみれば、そのとおりですな。政府が音頭を取って輸入したトラクターの修理を行っていた流れから、小松製作所が国産のトラクターを作り始めたが、大量生産にならず、終戦を迎えたという。

戦後は、クボタ、ヤンマー、イセキ、三菱農機という世界的なトラクターメーカーが現れたわけですが、これも自動車と同じなんだなぁと。

個人的にはトラクターと自動車生産の関係を調べたくなりましたな。

しかし、それにしても、日本政府の残念さよ。

 

 

タイトル:トラクターの世界史
著者:藤原辰史
発行元:中央公論新社

深夜特急1 香港・マカオ

著者:沢木耕太郎
発行元:新潮社

 

 

深夜特急1のまとめ

旅をする若者のバイブルである「深夜特急」。この本を読むのは何回目だろうか?人生で大きなイベントがあるタイミングで、読んでいる気がするな。新型コロナウィルスのパンデミックで、自由に海外旅行ができなくなった今、この本の中で描かれるアジアには、自由があふれていてうらやましい。いつになったら、こうやって自由に海外旅行を行うことができるのだろうか?きっと、コロナがなくても、わたしは世界を放浪するような旅をしないんだろうな。だからこそ、ここに描かれる自由に憧れるのだ。

 

深夜特急1を読んだ理由

旅に関する作品を読みたかったので

 

深夜特急1で仕事に生かせるポイント

とくになし

 

深夜特急1の目次

第1章 朝の光 発端
第2章 黄金宮殿 香港
第3章 賽の踊り マカオ
[対談]出発の年齢 山口文憲 沢木耕太郎
あの旅をめぐるエッセイI

 

深夜特急1の感想

沢木耕太郎の「深夜特急」といえば、バックパッカーのバイブルであり、旅に出る若者の背中を押してくれた本、No1であることに間違いは無いでしょう。まだ、海外が遠かった時代に、日本からロンドンを目指して、旅だった。インドから、ロンドンまでつれてってくれる伝説のバスがあるという噂を信じて。

その第1巻は、旅立ちから、マカオまで。じゅうぶん、のんびりした旅だなぁ、と思ってしまった。そう考えてしまうのは、日々、時間に追われた生活をしているからなのだろうな。

どういう状況で本を読むのか? 感想は、そのときのバックボーンに左右されるのよね。

忙しすぎでメンタルをぶっ壊してしまったわたしとしては、目的もなく、香港をぶらぶらする、そんな旅をうらやましく思ってしまいました。いままで、そんなことを思ったことなかったのにな。

どこにいくのか?の予定を細かく立てずに、何をするのか?の予定を細かく立てずに、わたしは旅することはできるのだろうか?

時間をうまくやりくりすることが得意と思っている私…だったんだよな。

そういう、なににも制約されない、時間に追い立てられない旅をしたいね。

 

 

タイトル:深夜特急1 香港・マカオ
著者:沢木耕太郎
発行元:新潮社

埼玉のムーミン谷ことメッツァビレッジを目指す!

f:id:kanmani71:20211206121336j:plain

当然といえば当然なのですよね。朝の5時からロードバイクに乗り始めるのですからね。到着した時点では、まだ8時台です。そりゃ、オープンしてませんよ。そして、オープンしていても、自転車で乗り込むことはできない場所でしたね。

 

宮沢湖畔にあるメッツァビレッジは家族で訪れてみたい場所の1つです。ムーミン好きの私としては、早く行きたいのですが、コロナ禍でなかなか・・・ということでのチャレンジでした。

 

metsa-hanno.com

 

メッツァビレッジに行くことができたので、メッツァビレッジができるきっかけとなったトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園を目指しましょう。こっちは行ったことありますよ。

 

hanno-city.info

 

宮沢湖畔の周りを走ることはできませんでしたが、その周辺の里山では遊ぶことができました。グラベルロード向きというよりも、MTB向きなオフロードでしたが、十分楽しめましたよ。

f:id:kanmani71:20211206121818j:plain

 

帰りは行きに見つけた美味しそうなお団子屋さんで焼き団子をゲット。

 

f:id:kanmani71:20211206121932j:plain

いつも土手沿いのサイクリングコースか、田んぼの中しか走っていないので、こういうグルメが楽しめなかったのですよね。今後は自転車ナビタイムの推奨コースを中心に走ってみようと思うのでした。

 

f:id:kanmani71:20211206122018j:plain