WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

Number PLUS 野村克也と名称の言葉学。

発行元:文藝春秋

 

まとめ

さすが、ノムさんです。こういう大人になりたいな。でも、絶対になれないだろうな。経験と実績に裏打ちされた言葉。そして、良いモノであれば、しがらみも、何も関係なく取り入れるという心構え。また、文字通りなくなる寸前まで学び続けた姿勢。生涯一捕手という言葉を体現したノムさん。野村監督のような人になりたいです。

この本を読んだ理由

わたし、根っからのライオンズファンですが、監督としてはどんな監督よりも、野村監督が大好きなのです。ということで、買いましたよ。

仕事に活かせるポイント

野村監督の学ぶ姿勢ですね。言葉にすることので、はじめて思いや考えが伝わるのですよね。

感想

野村監督。そのうち、息子の克則さんが監督になってしまいそうですが、まだ、お父さんの方ですね。ノムさん。Bクラスのチームの監督ばかりを引き受けてきた名監督。そして、名選手。歴代1位は他の選手が獲得しているけれど、選手であるノムさんは様々な部門の歴代2位に名前を残している。

このNumber別冊以外でも、ノムさんの偉業は語られている。なので、ノムさん自体について、驚くような記述はない。

しかし、ノムさんの愛弟子だった選手のインタビューが良かった。

古田と高津のインタビューが、ノムさんの凄さを際立たせる。

そうなんだよな。ノムさんの教え子が、どんどん監督になっている。

そして、監督としてノムさんのライバルだった森監督の愛弟子も、どんどん監督になっていく。

90年代、日本プロ野球の覇権を争った森西武と野村ヤクルトのDNAが、21世紀にも受け継がれているんだなぁ、と実感。

 

 

 

タイトル:Number PLUS 野村克也と名称の言葉学。
発行元:文藝春秋

20社のV字回復でわかる「危機の乗り越え方」図鑑

著者:杉浦泰
発行元:日経BP

 

まとめ

どんな有名企業も、すべての時期で順風満帆であったわけじゃないのですよね。チャンスもあれば、同じ数だけピンチもあった。そんなピンチの乗り越え方が紹介されている本。だけれども、それだけではない。そんな企業の歴史や、ビジネスモデルをわかりやすく教えてくれる本でもある。企業研究をしている人にももってこいだね。

この本を読んだ理由

お客様企業の営業支援を行っている私としては、V字回復をした企業の秘密を知りたかったのですよ。

仕事に活かせるポイント

紹介される20社の企業、それぞれにある「まとめ」がいいですね。非常にわかりやすいです。

目次

Part1 「戦略ミス」「脆弱体制」「機能不全」による危機の乗り越え方
IBM
サイバーエージェント
良品計画
カルビー
オムロン
Part2 「災害」「トラブル」「不可抗力」による危機の乗り越え方
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
日本マクドナルド
ウェザーニュース
伊勢丹
森ビル
Part3 「市場崩壊」「顧客消失」「時代錯誤」による危機の乗り越え方
ファーストリテイリング
ゼネラル・エレクトリック
ノーリツ鋼機
パルコ
当方
Part4 「ライバル」「競合他社」「業界ルール」による危機の乗り越え方
Apple
Adobe
シスメックス
アイリスオーヤマ
P&G

感想

この本のコンセプトは「危機を迎え、乗り越えることで、なぜ人や企業は強く大きくなれるのだろう?」を知ること。そして紹介される企業が、わかりやすいほどの大企業なので、話に引き込まれる引き込まれる。

え?UNIQLOを運営するファーストリテイリングに危機なんかあったの?と思っちゃうからね。

どの企業にも危機はあったし、問題はあった。どんな企業だって、いつでもどこでも、順風満帆だったわけじゃないのですな。

いつどこで、どんな状況で危機が訪れたのか?から教えてくれる素敵な本。

いつどこで、どんな状況で危機が訪れたのか?から教えてくれるということは、その会社の歴史や、ビジネスモデルにも触れなきゃ無理なので、つまりこの本は簡易的に企業研究をするにももってこいなんですよ。

IBMからサイバーエージェントまで、ここまでシンプルに会社の歴史をまとめて教えてくれる本は、なかなかないですよ。

紹介される20社の企業、それぞれにある「まとめ」がいいですね。非常にわかりやすいです。その中にさらに、チェックリストもあるのですが、それが良いのですな。

イノベーションの旬」を正しく認識できているだろうか
イノベーションが枯渇しつつある場合は、その現実を謙虚になれるだろうか
時には冷徹な判断を下す覚悟があるだろうか
無意識のうちに「業界の枠」にとらわれていないだろうか?
業界外の知識をインプットできているだろうか?
多種多様な知識を総動員して、ビジネスに向き合っているだろうか?
「優れたコンテンツが危機の突破口になる」と思い込んでいないだろうか?
有力な業界だから将来も安泰だと思い込んでいないだろうか?
構造的で不可逆的な変化に対して、抗おうとしていないだろうか?

 

これから就職活動をする若者や、新社会人にお勧めの1冊ですね。

 

20社のV字回復でわかる「危機の乗り越え方」図鑑

20社のV字回復でわかる「危機の乗り越え方」図鑑

  • 作者:杉浦 泰
  • 発売日: 2020/08/20
  • メディア: 単行本
 

 

タイトル:20社のV字回復でわかる「危機の乗り越え方」図鑑
著者:杉浦泰
発行元:日経BP

Jリーグ新戦術レポート2019

著者:西部謙二
発行元:エス・アイ・ジャパン

 

まとめ

4-4-2を選択した時点で、柏木選手の居場所はなくなってしまったのかもしれませんね。しかし、4-4-2でしっかりとした戦い方をするには、まだまだ選手が足りないのかもしれませんね。何しろ、ミシャ式というやり方が選手にも、チームにも残っているのですから。ミシャ式が良い悪いじゃないんだけれど、我らが浦和レッズはどこに向かっていくのだろうか。4-4-2でアトレティコ・マドリードのようなチームになればいいと思うのですよね。浦和レッズ、ドイツとブラジルに振れることが多いですが、スペインも挟まっていたことを思い出してください。

この本を読んだ理由

4-4-2に切り替わった浦和レッズの今後と、Jリーグの今後について知りたくなったから。

仕事に活かせるポイント

歴史について学ぶ。そのものが、今存在している歴史的背景を学ぶことは重要なことなんですね。

目次

Section 1 Jリーグをシステムで読み解く
Section2 Jリーグの技術・戦術トレンド
Section3 18チーム戦術分析
Section4 2019年を象徴するベスト11
Section5 優勝クラブ番記者対談

感想

この本を読んだのは3カ年計画真っ最中である浦和レッズの未来が心配になったからですね。ミシャ式から決別し、浦和レッズの歴史においても「そんなにうまくいった記憶のない」4-4-2を採用した大槻監督の方針が正しいのかどうか?が心配になったのですよ。

なので、読書をしたポイントは、そこだけ。本当は他のチームのこととか、世の中の流れとか気にしなければならないのだけれどね。

そこまで余裕がない。

そもそもサッカーの知識なんて、小学生の頃に読んだ「キャプテン翼」と「キッカーズ」で終わっているんですから。

で、感想。

Jリーグで時代遅れのように言われる4-4-2だけれど、世界では主流のフォーメーションらしい。ただし、フォーメーションの話が出てくるのはキックオフと、ディフェンスの時だけで、あとは「どうやってタスクをこなしていくのか?」という約束事が重要になってくるのだとナ。

浦和レッズに約束事はないなw

昔から、ボールを奪ったら、とりあえず岡野とか、とりあえずエメルソンとか、とりあえずポンテとか、とりあえずワシントンというのが戦術で、お約束だったからなw

そんなチームに4-4-2がはまるのか?という気がする。

ちなみに、4-4-2は組織と規則性が特徴。オフザボールの時にしっかり動くこと、ハードワークすることが求められるのだとナ。むむむ。そうなると、柏木選手がスタメンで出ていないことが、チーム得点王のレオナルドがスタメンでないことが、納得できちゃいますね。

そして4-4-2でどんなスキルセットを持った人間をサイドハーフに選ぶのか?でチームの色が決まってくるのだという。浦和レッズだと、汰木、マルティノス、関根、伊藤涼太郎、武富ですかね。ドリブラー、ウィンガー、ドリブラー、ゲームメーカー、ストライカー。こんな感じかな?違うのかな?

うーん・・・難しいかも。ただ、こうやって戦術起点でチームを見ていくと面白いなぁ。

 

Jリーグ 「 新戦術 」 レポート 2019 (エルゴラッソ)

Jリーグ 「 新戦術 」 レポート 2019 (エルゴラッソ)

  • 作者:西部 謙司
  • 発売日: 2019/12/20
  • メディア: ムック
 

 

タイトル:Jリーグ新戦術レポート2019
著者:西部謙二
発行元:エス・アイ・ジャパン

SENSE 2020.10

発行元:センス

 

まとめ

谷中敦はかっこいい。やはり男は、こだわりを持たねばダメだね。

この本を読んだ理由

谷中敦さんのインタビュー記事が読みたかったので。

仕事に活かせるポイント

特にないですな

感想

わたし、雑誌ジャンキーなので、ありとあらゆる種類の雑誌を読んでいます。が、あるジャンルだけは手を付けた経験、まったくありません。

それはファッション誌。女性ファッション誌はもちろん、男性ファッション誌を読んだ経験なんて、ほとんどないです。年に1回あるかないか、というレベルです。

今年は、その1回をこの雑誌で使いましたね。

だって、東京スカパラダイスオーケストラ谷中敦さんのインタビュー記事が、読めるのだもの。それも、氣志團の綾小路さんとの対談だ!

そりゃ、買うでしょ、読むでしょう。

やっぱ、谷中さんはかっこいいな。そして、スカパラに惚れちゃうな。

 

SENSE(センス) 2020年 10 月号 [雑誌]

SENSE(センス) 2020年 10 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/09/09
  • メディア: 雑誌
 

 

タイトル:SENSE 2020.10
発行元:センス

事例でみる中堅企業の成長戦略 ダイナミック・ケイパビリティで突破する「成長の壁」

著者:土屋勉男、金山権、原田節雄、高橋義郎
発行元:同文館出版株式会社

 

まとめ

この本は大学の教科書とのことですが、大学生に読ませておくだけではもったいないですね。成長戦略や、競争優位性獲得のわかりやすいまとめ方がわかりますよ。企業研究って、こうやってまとめれば良いのね、ということを教えてくれたのが一番よかったことですね。

この本を読んだ理由

著者に、元ソニーの原田さんがいたから。

仕事に活かせるポイント

強い企業が生き残るのではなく、変わることができる企業が生き残れるんだな、と実感。そして、いろんなスキルが重要だけれど「潮目が変わった」と素早く感じ取れることが、何よりも重要なんだな、と実感。

目次

第1部 問題提起と本書の目的
第2部 グローバルニッチトップ(GNT)の事例分析
第3部 中堅グローバルニッチトップ(GNT)のダイナミック・ケイパビリティ(DC)戦略
第4部 標準化と現地化の適応戦略
第5部 ダイナミック・ケイパビリティ(DC)戦略

感想

革新的中小企業から中堅グローバルニッチトップ(GNT)に進化するには、ダイナミック・ケイパビリティ戦略が重要になるという。そのDCを構成する要素は①驚異・機械の感知能力②資源・知識・ルーチン応用・再利用の捕捉能力③資源再結合による変革能力、なのだという。

で、本書はこのDC戦略について深く知るためにGNTと分類される企業の事例が紹介されているのです。

フロイント産業株式会社、根本特殊化学株式会社、株式会社マスダック、アリアケジャパン株式会社、ポーライト株式会社、株式会社フジキン、IDEC株式会社、アイダエンジニアリング株式会社、株式会社堀場製作所

知っている会社もあれば、知らない会社もある。

そりゃ、グローバルニッチトップだからね。

でもね、どの会社も、存続の危機に遭遇し、その危機を乗り越え、成長し、今に至っている。

では、各社、危機に対してどのような対策を実行したのか?

それは本書で。

私としては「各社の歴史と特徴と戦略が、こんなにわかりやすく紹介されているなんて!」とまったく違うところに感動しました。

今後、参考にしよう。

 

 

タイトル:事例でみる中堅企業の成長戦略 ダイナミック・ケイパビリティで突破する「成長の壁」
著者:土屋勉男、金山権、原田節雄、高橋義郎
発行元:同文館出版株式会社