WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

ソロモン 消費者行動論 [上]

監訳者:松井剛
発行元:丸善出版

 

まとめ

マイケル・R・ソロモン博士の消費者行動論ですね。THE教科書。マーケティングという仕事に少しでも関わるのであれば、読んでおくべき本ですね。エンドユーザーがどのように、商品を選ぶのか?その消費行動が、よく分かります。てか、ここまで消費行動を分解することにびっくりですよね。

この本を読んだ理由

たまにはちゃんとマーケティングをお勉強したいから

仕事に活かせるポイント

この本位書かれていること、そのすべてが仕事に活かすことができますね。ただ、教科書なので、書かれている本文がそのまま、活用できるかというと、話が違ってきます。

目次

セクション1 市場に存在する消費者
第1章 買うこと・所有すること・生きること
セクション2 個人としての消費者
第2章 知覚
第3章 学習と記憶
第4章 動機付けとグローバルな価値観
第5章 自己
第6章 パーソナリティとサイコグラフィックス

感想

教科書ですよ、教科書。

消費者行動論の教科書ですよ。

でもね、「なんだ、教科書かよ」と思ったら、負けですよ。ビジネス書を読む前に、教科書を読んで基礎作りをしなければ。ビジネス書を読んでる途中に、教科書を読む飲むイイですね。

ここまで真面目に「商品を購入すること」いついて考えることはないと思います。

ただ、ここまで考えないと、正しいペルソナや、ターゲットの定義はできないと思うのですよ。

深いな。

各章の終わりにある復習問題が、知識の再確認にもってこいです。

 

ソロモン 消費者行動論 [上]

ソロモン 消費者行動論 [上]

  • 発売日: 2015/01/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

タイトル:ソロモン 消費者行動論 [上]
監訳者:松井剛
発行元:丸善出版