WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

Tipo 2018.3

発行元:ネコ・パブリッシング

 

まとめ

自動車の楽しみ方は多種多様なんですよ。何が素晴らしい、なにが優れているなんてことはない。

この本を読んだ理由

表紙のバハバグやられました。ナローアイではなく、ワイドアイですけれどね。メイヤーズ・マンクス・バギーもかっこいい。

仕事に活かせるポイント

あんまりないですね。

感想

今月号の特集は「クルマの達人に学べ」ですね。クルマ好きはたくさんいます。クルマの楽しみ方も多種多様。ヨーロッパ車が好きな人もいれば、日本車が好きな人もいる。レーシングカーが好きな人もいれば、オフロードが好きな人も。実車が好きな人もいれミニチュアカーが好きな人も。

 

いろいろあるから楽しいんだな。

シュコダを愛車にする人がいたなんて、びっくり。オフロードハマって山を買って自分用のコースを作るとか、すごいw

 

由良拓哉さんの、初代インサイトにタイプRのエンジンを積むというチューニングもいいね。初代インサイトは軽さが自慢だからね。

 

そして、バハバグとメイヤーズ・マンクス・バギー。くそかっこいい。両方とも憧れのクルマ。バハバグ、もう一度、乗りたい。

 

 

 

 

 

Tipo(ティーポ) No.374 (2020-09-04) [雑誌]

Tipo(ティーポ) No.374 (2020-09-04) [雑誌]

  • 発売日: 2020/09/04
  • メディア: Kindle
 

 

タイトル:Tipo 2018.3
発行元:ネコ・パブリッシング
おすすめ度:★★★