WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

統計学図鑑

 

著者:栗原伸一/丸山敦
発行元:オーム社

 

まとめ

カンバンにつわりなし。どーしても難しくなりがちな、そして、専門用語の羅列になりがちな統計のお話。これを図解しました。まさに図鑑。統計の知識を棚卸しし、整理するのに役立ちましたわ。

 

この本を読んだ目的

最近、データ分析や、統計に触れることは減ってきましたが、たまには頭を整理しないといけないということで、人気の本書を読んでみました。

 

目次

序章
第1章 記述統計学
第2章 確率分布
第3章 推測統計学
第4章 信頼区間の推定
第5章 仮説検定
第6章 分散分析と多重比較
第7章 ノンパラメトリック手法
第8章 実験計画法
第9章 回帰分析
第10章 多変量解析
第11章 ベイズ統計学ビッグデータ

 

感想

看板に偽りなし。題名に間違いなしですな。まさに図鑑ん。小難しい専門用語と数式で煙に巻く(ってことはないんだけれどさ)ような本ではないです。統計に初めて触れる人、「データサイエンティストってお金持ちいなれるんでしょ?」という野望をいだいている文系高校生におすすめの本ですね。

 

グラフとイラストを中心に、統計学の手法というか、考え方を紹介してくれる本。

 

専門的な解説書ではないので、それ以上に深く知ることはできないです。

 

でも、統計に関するコラムも充実しておりまして、読み進めていると「あぁ、統計って面白いんだなぁ」とか「こうやって考えることなんだなあ」ということがわかるようになってきます。

 

まさに図鑑。

 

手元においておくと、何かあったときに便利な本ですね。

 

統計学図鑑

統計学図鑑