カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

Salesforce Retail Summit 2018で考えたこと

この週末、金曜日に六本木ヒルズで開催された、Salesforce主催のSalesforce Retail Summit 2018に参加してみた。

 

Salesforceというと、SFACRMのイメージが強く(実際そっちの分野のチャンピオンなのですが)、B2Cの分野というとしっくりこないのですが、けっこうB2C分野でも強かったりするのです。

 

特にアパレル小売で。

 

で、お目当ては、Asicsアンダーアーマー(を展開している日本のDOME)の事例発表だったんですえれどね。

どちらもアイソバーが導入しているんですとな。

Asicsアメリカ主導で。

 

で、アンダーアーマーは、つい一昨日だか、昨日(イベント開催日基準)だかにローンチしたのだとな。

 

個人的にはECサイトのウェブマスターを長年に渡って勤め、ECサイトは大好物なのですけれど、いまはB2Bデジマの住人。

 

で、そんなワタシにとって衝撃の事実が2019年日本でB2BCommerce、つまりCommerce Cloud B2Bの展開が正式発表になったってこと。

 

今年(2018年)のConnectionsで発表されたCloudCrazeの買収でしたが、しばらくCloudCrazeのドメインがいきておりましたが、いま、そのURLを叩くとB2BCommerceのページにリダイレクトされるしね、と。

www.salesforce.com

なんだろう。。。

 

すごく導かれている感じ。

 

日本のデジマ業界において「B2Bマーケ」と「E-Commerce」の両方を知っている人は殆どいないしね。E-Commerceの中にはアドテクやら、何やらのテクノロジーも入ってくるのだけれど、ワタシ、たぶん、そこそこ詳しい気がしないでもないしね。

 

B2Bマーケの分野でも、E-Commerceの分野でも、アドテクの分野でも、デジマの分野でもワタシより詳しい人はたくさんいるけれど、「どの分野もそこそこ詳しい」って人はなかなかいないので、その分野を目指してみようと思う今日このごろ。

 

それにしても、Salesforceの方々、プレゼンが上手。