カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

2018年7月13日に発売開始となる(?)N-VANは趣味グルマとしては最強の相方となる!(少し追記)

N-VANの発売開始が7月12日だって本当か??

 

car.kurumagt.com

 

追記(7月12日)

 

7月12日に「7月13日に販売開始」となると発表ですね。

 

www.webcg.net

本田技研工業は2018年7月12日、新型軽商用バン「N-VAN(エヌバン)」を発表した。同年7月13日に販売を開始する。

先日発売開始となったジムニーと並んで、今年のというか、これからの趣味グルマとして大人気となるでしょうな。
若者の車離れとか、日本人の車離れとか言われていましたが、個人的にはクルマの若者離れであったり、クルマの日本人離れだったりするような気がするんだよね。

だって、高いんだもの。

キャンプに行くために、少し気の利いたミニバンを買おうなんて思ったら、すぐに300万円くらいになってしまう。そりゃ、ルノー・カングーが売れますよって。

 

でも、N-VANはそうじゃない。

COOLEのターボ車1,668,600円也。

これを四駆にして、オプション付けても、乗り出し200万弱でしょう。

軽バンで乗り出し200万弱ってすげー高い気がしますが、クルマの中身は今までの軽自動車を超えていますからね。

特に車内の広さ。

 

2名乗車時の荷室長1630mm、荷室高1365mmだって。

N-VANの先代モデルと言えるアクティバンの荷室長×荷室高が1725×1200mmであることを考えても、なかなかかと。


ホンダ・アクティバン 試乗レビュー 前編

「長さ、負けてないか?」という気もしますが、アクティはフロントにエンジン積んでいないからねぇ。N-VANはN-WAGONシリーズと同じくフロントエンジンだから、これはしょーがない。

そこまでの広さを求めるのであれば、ふつーの軽ワンボックスを求めるのが良い。

N-VANにはN-WAGON譲りの便利機能がたくさんあるわけですよ。

 

リアシートと助手席シートにダイブダウン機能を採用して、運転席以外をすべてフラットに収納できるのもN-VANですし、最近のホンダ車がそうであるように低床フロアを採用しているのですよ。

荷物を積み込むのも便利だし、車中泊にも便利な1台に仕上がってるのよね。

それに、Honda SENSINGも採用してるしね。

 

下手したらフィットよりも速いと言われているN-WAGONターボ譲りのエンジンと、Honda SENSINGを搭載したN-VANは史上最強のアウトドアエキスプレスになりそうな気がするのよね。

キャンプにもよいし、釣りにもよいし、自転車にも最適。

そのうち、BE-PALが、N-VANの特集をし始めるんだろうな。

 

で、購入するのであれば+style・FUNターボの4WDだろうな。ボディカラーはプレミアムイエローパールII。車高はそのまま。ホイールはムーンアイズのムーンディスクを装着するですな。

 

BE-PAL(ビーパル) 2018年 07 月号 [雑誌]

BE-PAL(ビーパル) 2018年 07 月号 [雑誌]