カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

金持ちは、なぜ高いところに住むのか?

著者:アンドレアス・ベルナルド
発行元:柏書房

 

目次


 1.多層建築のイメージ
 2.1854年ニューヨーク
 3.エレベーター事故

第1章 裂け目——エレベーターによる垂直の構築

第2章 階 屋根裏部屋からペントハウスへ——エレベーターと建物の垂直秩序
第3章 インターフェイス——制御技術

第4章 内装 エレベーターボックス——親密性と匿名性の交錯点

感想

 

えええ?

欧米では、高層マンションほどスラム化しているんじゃなかったでしたっけ???という話を聞いたことあるんですが。
だから、国内でタワマンを買うのはいかがなものかと。。。という記事も読んだことあるしね。

 

news.livedoor.com

 

でも、本書の内容は違いました。

 

サブタイトルは「近代都市はエレベーターが作った」ですな。
教会や、城郭の塔とは違う、高層建築物であるビル。それは商業施設であったり、業務スペースであったり、居住スペースであってたりと。

 

螺旋状であったり、曲がっていたりする階段とは違い、直線であることを求められるエレベーターはその存在が建物の形(中身を含める)を決めたり、生活様式を決めたりした。

 

世界で初めて人が乗るエレベーターを開発したオーチスの話とともに、二十世紀初頭の文化を振り返る。

 

アメリカと、ヨーロッパでは、求められるものが違ったのよ、と。

 

でも、ワタシは高所恐怖症だから、高層建築物より、平屋が好き。高速のエレベーターに乗っているだけで、泣きそうになる。

 

しかし、文化をこうやってかいせつするというか、こんな切り口で近代化を解説してくれるなんて、素敵すぎる。

 

 

金持ちは、なぜ高いところに住むのか―近代都市はエレベーターが作った

金持ちは、なぜ高いところに住むのか―近代都市はエレベーターが作った

 

 タイトル:金持ちは、なぜ高いところに住むのか?
著者:アンドレアス・ベルナルド
発行元:柏書房
オススメ度:☆☆☆(ためになるね)