カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

JCB、会員サイト「MyJCB」にTealiumのMAツールを導入、顧客の行動でコンテンツを出し分け

パーソナライズとか、CDPとか、データハブとか、またデータ周りのテクノロジーが賑やかになってきましたね。

最近、そういうプロジェクトが多いだけかもしれませんが。

で、そういうときは、関連情報がいろいろと飛び込んできて、面白い、と。

it.impressbm.co.jp

すごいな、JCB

カード会社のマイページの表示切り替えでTealiumを入れたのね。

マーケティングデータを統合するソフトをクラウド型で提供しているTealium Japanは2018年5月22日、ジェーシービー(JCB)がクラウドサービスを導入したと発表した。JCBは、MA(マーケティング自動化)一環として、会員Webサービス「MyJCB」上での顧客の行動に合わせてWebコンテンツを出し分けるシステムを構築した。

 Webサイトを利用する顧客の行動に合わせてリアルタイムにマーケティング施策を実施するため、複数のチャネルに分かれたマーケティングデータをリアルタイムに統合できるクラウドサービス「Tealium Universal Data Hub」(Tealium UDH)を導入した。

 

どんなデータをキーにして、どんなコンテンツを出し分けているのか??

これは調べて見る価値がありますな。

Tealium | ユニバーサルデータハブとエンタープライズタグ管理