WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

安奈淳物語 私は歌う、命ある限り

著者:北康利
発行元:PHP研究所

 

まとめ

元宝塚の女優さん。という認識でしかなかった安奈さん。本当にソレしかなかったです。そんな安奈さんの半生に迫った1冊。宝塚音楽学校の仕組みと、宝塚歌劇団の仕組みがよく分かりましたね。

この本を読んだ理由

渋沢栄一について北康利さんが書いた本を買いに行ったら、偶然見かけたので。北さんが、芸能人について書くとは!と。

仕事に活かせるポイント

好きこそのモノ上手なれってことなんでしょうかね。それとも、本当に好きなモノは仕事にしちゃダメってことなんでしょうかね。

目次

ルーツは霊山戸隠
富岡さんは王子様!
宝塚少女歌劇
宝塚をゆりかごのようにして
運命の合格発表
清く、正しく、美しく
いきなりやらかした大失敗!
どないしょ、どないしょ、どないしょ
鬼のストーン
人知れず悩みながら
ついに男役トップの座へ
ベルサイユのばら
鴨川清作との別れ
第二の人生と母の死
死の淵をのぞき込んだあの日
不死鳥のごとく

感想

安奈淳さん。たまにテレビや、ラジオで見かけていた、聞いた気がする。

それくらいの認識でしたね。

そんな芸能人である安奈さんについて、北康利が書いた1冊。

なんと!吉田茂や、白洲次郎小林一三渋沢栄一と同じですか!ということでびっくり。

そして、この本を読んではじめて知ったのは、安奈さん、元宝塚で男役のトップスターだったのね。知らなかった。まぁ、知らなくて当然かもしれない。私が生まれた頃に大ヒットした「ベルサイユのばら」が当たり役だったのだもの。

そんな安奈さんの半生を教えてくれる本。

私には、阪急と宝塚について教えてくれる本。

小林一三はビジネスマンにして、クリエイターだったんだな、と。

そして、ウチの娘さんが宝塚に入りたいって言い出したらどうしようかと。

 

安奈淳物語 私は歌う、命ある限り

安奈淳物語 私は歌う、命ある限り

 

 

 

タイトル:安奈淳物語 私は歌う、命ある限り
著者:北康利
発行元:PHP研究所