WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

メモリークエスト

著者:高野秀行
発行元:幻冬舎

 

まとめ

地球上に未開の地はなくなってきた。けれども、未開の地は、まだあるんだよ。それは、人の記憶のなかです。その記憶の中を探検する。記憶のなかの思い出を見つける、と言うすごい話。そして、これが、わずか1ヶ月で行われたというとんでもないお話w

この本を読んだ理由

コロナで疲れてしまった私が、どこかに行きたいと思ったのでしょうね。

仕事に活かせるポイント

足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」という精神論は嫌いなのですが、こうやって知恵をひねって面白さを生み出すのがイイですね。

目次

第1章 スーパー小学生(タイ)
第2章 根無し草の男(タイ)
第3章 楽園の春画老人(セーシェル
第4章 大脱走の男(南アフリカ共和国
第5章 ユーゴ内戦に消えた友(旧ユーゴスラヴィア

感想

高野秀行さんと言えば『恋するソマリア』。早稲田大学探検部出身のノンフィクションライター。世界の辺境秘境を旅するだけでなく、その様子を面白く、かつ読みやすい文章で紹介してくれる天才。

さすがっす。

で、今回、冒険の場所に選んだのは、人の記憶のなか。

過去、海外を旅して、出会った&経験したであろうことを募り、その中から「面白そうなもの」を選りすぐって、会いに行くという。

面白いなぁ。

人の胃奥のなかは、人跡未踏の場所がたくさんあるわけでね。

しかし、そんなところに踏み入ろうとは思わないですよ。そして、見つけたちょっとしたヒントから、思い出の中の人物に出会えちゃうだなんて、素敵すぎる。

が、思い出は思いでのままの方が良かったりするなぁ、ってことも。

今回も高野節、全開です。そして、やはり、高級リゾート地は、合法ぼったくりなんですよね。

 

メモリークエスト (幻冬舎文庫)

メモリークエスト (幻冬舎文庫)

  • 作者:高野秀行
  • 発売日: 2011/07/07
  • メディア: 文庫
 

 

タイトル:メモリーエス
著者:高野秀行
発行元:幻冬舎