WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

CG 2020.3

発行元:カーグラフィック

 

まとめ

コロナパニックが、まだ遠い国の出来事だった時代のお話ですな。スカイライン、やっぱかっこいいなぁ。

 

この本を読んだ理由

なんだかんだで自動車が好きなんですね。

 

仕事に活かせるポイント

ピエルルイジ・マルティニのように第二の人生が楽しめるように、しっかりと準備しておかないとだめですね。

 

目次


FOUR AT THE CORNERS
竹下元太郎/Georg Kacher/John Lamm/渡辺敏史
NEWS JUNCTION/NEW COMER
SUMMING UP/SUSHI & CHIPS|Peter Nunn
巻頭試乗記 マクラーレンGT
SPECIAL1
プラス・アルファのあるコンパクト
BMW 1シリーズ vs メルセデス・ベンツAクラス
メルセデス・ベンツ A200d vs プジョー 308アリュール BlueHDi
マツダ 3 ファストバック・スカイアクティブX/アウディ A1スポーツバック
アウディ S Q2/フォルクスワーゲン Tクロス
ダイハツ・ロッキー/ルノー・トゥインゴ
GGのおもちゃ箱
SPECIAL2
GTにまつわる新たなる解釈
ポルシェ・タイカン4S/BMW 8シリーズ・グランクーペ
アルピナ B7/アストン・マーティン DBX/レクサス RC F
ニッサンスカイライン 400R
ROAD IMPRESSION
ボルボ S60 T6ツインエンジン AWD インスクリプション
TRACK IMPRESSION
ホンダ・フィット
東京オートサロン 2020
新刊案内
駄車・名車・古車 デザイナー的見解
矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚
スポーツカープロファイル・シリーズ
フェニックス美術館「レジェンド・オブ・スピード展」後編
“12輪との生活” ピエルルイジ・マルティニと2台のティレル P34
LONG & SHORT TERM TEST
BMW 330i/アルピーヌ A110/ニッサン・リーフ
ルノー・メガーヌ R.S. トロフィー/メルセデス・ベンツ EQ
FROM OUR MOTORING DIARY
CG CLUBのご案内
WARNING LAMP
THE GARAGE PRESS
THIS MONTH'S TOPIC/CLUB NEWS/BOOK REVIEW/CGTV
インドアカークラブ/吉田 匠的ヒストリックカー考/高島鎮雄 機械式のススメ
CLIP BOARD/webCG/PRESENT
CG MOTORSPORT FORUM
マンスリートピック:シーズン3勝の重み ホンダF1の2019年を振り返る
もうひとつの視点
Obituary -惜別-
ラリー千夜一夜
TEST DATA/価格一覧/統計/FROM DESK


感想

表紙は「マクラーレンGT」ですね。いつの間にかスーパーカー戦線で独自のポジションを築き上げたメーカーですね。性能は良いし、F1のブランドもあるのですが、なんというか、危うさがないんだよねぇ。スーパーカーには「このままだと死んじゃうかも」という危うさが必要なんだよなぁ。マクロミルはクレバーすぎるんだよね。

 

そんな今月号を読んでいて、欲しくなったのはスカイライン400Rと、新型フィットですな。スカイラインは夢のクルマですが、フィットはリアルな世界ですな。リアシートの居住性を向上させてきた、乗り心地を向上させてきたというのがいいですね。ヴィッツから進化したヤリスがスポーツに振ったのと大きな違いですな。小さなクルマで快適性を向上させるという発想が好きですな。

 

そして、今月号で一番心に刺さった記事が「“12輪との生活” ピエルルイジ・マルティニと2台のティレル P34」ですな。タイレルではなくティレルP34をドライブしていたピエルルイジ・マルティニが、引退後、自分の人生を作り上げたクルマとして、2台を手元に置き、動態保存しているというのがかっこいい。わたしも、仕事で成功したら、好きなクルマを手元に置こう。

 

あとは松任谷正隆さんのエッセイが良かったな。ジャーナリストという肩書きを下ろしたという。もう、時代について行けないから。情報が多すぎるから。そもそも、ジャーナリストとして、ハイエナのように情報を徹底的に調べて、食いつくようなことができなかったと。だからCGTVでも、「断言することはできなかった」という考え方に共感です。私はすべてを理解していないと。

 

 

CG 2020年03月号[雑誌]

CG 2020年03月号[雑誌]

  • 発売日: 2020/02/01
  • メディア: 雑誌