WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

ポルシェより、フェラーリより、ロードバイクが好き 熱狂と悦楽の自転車ライフ

著者:下野康史
発行元:講談社

 

まとめ

自転車欲しいわ、やっぱ。ロードバイクではなく、グラベルロードでいいので。いや、ロードバイクだな、やっぱ。そう思わせてくれる1冊。自動車好きの視点で、自転車を語ってくれるのが凄くいいなぁ。うちの娘さんが土日に親と離れて活動するようになったら、ロードバイクで走りに行こう。

 

この本を読んだ理由

だって、自転車に乗りたいのだもの

 

本の目次

第1章 ぼくが自転車にハマったワケ
第2章 ロードバイク、始めの一歩
第3章 サイクリングへ行こう
第4章 坂バカ日記
第5章 楽しいのはロードバイクだけじゃない

 

感想

元NAVIの編集部員で、自動車評論家の下野康史さん。自動車よりも、自転車の人として有名になりつつある、そんな著者の自転車入門本。

 

肩肘張っていない、ゆる~い感じが最高ですな。

 

そんなに頑張らなくていいんだよ。いやいや、頑張らなければダメなんだよ。右に行ったり、左に行ったり、文化系な、自動車好きな観点で、自転車を語っているのが素敵。

 

そうなんだよ。自転車って、自動車よりも圧倒的に安いんだよw

 

そして、自動車と同じように、アメ車、日本車、イタ車で違いがあるんだよなぁ。中国車はないけれど、台湾車はあるしな。ジャイアントではなく、メリダロードバイクがほしい。カーボンフレームではなく、アルミフレームでよいので。

 

そんな楽しい気分にしてくれる1冊。