カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

日経ビジネス 2019.12.16

発行元:日経BP

 

まとめ

謝罪の流儀が変わった。謝る企業や政治家、団体と消費者の間に存在していたメディアが力を失ったんだよな。力を失ったのではなく、昔から力がなかったけど、それがバレなかった。いまやネットのおかげで嘘がつけなくなったということなんだろうな。

 

この本を読んだ理由

週に一度のアタマの整理

感想

今週号の特集は「謝罪の流儀 平成までの謝り方は通用しない」ですな。
謝罪する対象と消費者の間に存在していたマスコミが力も知識も実はなかったってことなんだろうな。バレちゃった。SNSがあるので、メディアを通さずに情報のやり取りできるようになったし、メディア出てくるコメンテーター以上に詳しい専門家がSNSでその実情を教えてくれたりするからね。


ちなみに謝罪会見やりがちな6大NGが遅れる、逃げる、嘘、隠蔽、小出し、開き直りなんだとな。そして、謝罪会見が生配信になりつつある今、重要なのは、この5個なんだとな。

1 誠心誠意の謝罪をすべし
2 会見の長時間対策を徹底せよ
3 関係者と事実関係を事前に確認すべし
4 登壇者は事象の理解に深めよ
5 自社サイトでも配信すべし

 

そんな今週号で面白かった他の記事

 

日野自動車、自ら物流事業 MaaS時代の売らない稼ぎ方」
日野自動車がトラックを販売せずに、物流サービスに参入すると。トラックをコンテナ船のように、クラウドサーバーのように稼働させて、稼ぐ仕組みを作ると。ふむふむ。自動車業界激震ですな。売ることで稼ぐビジネスモデルとなっている中古車業界は、どうなるのか?

 

ANAJALが航空運地のホウシンテ 変動制に本弄される旅行大手」
個人・団体ツアー向けのチケット料金が変動制になるんだとな。変動制にして運賃の利益率を上げるのだとな。もはや、旅行代理店ってビジネスモデルがなくなるのかもな。

 

「イオンを救う英オカドの野望」
オカドは店舗を持たないネットスーパーで、00年開業。18年12月期には会員数72万人、売上高は15億9880億ポンドだと。エンジニアを大量に抱え、自動倉庫の運用が得意で、注文を受けてから15分以内に出荷できるんだと。自動倉庫内では1500台のロボットが自律的に商品を集荷するのだと。

 

そんな今週号を読んでいたら、読みたくなった本。

 

痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学

痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学

  • 作者:牧野 雅子
  • 出版社/メーカー: エトセトラブックス
  • 発売日: 2019/11/07
  • メディア: 単行本
 

 

 

同窓会に行けない症候群

同窓会に行けない症候群

  • 作者:鈴木 信行
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2019/08/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)