WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

独裁者はこんな本を書いていた 下

著者:ダニエル・カルダー
訳者:黒木章人
発行元:原書房

 

この本の感想

上巻に引き続き、下巻。上巻は「THE独裁者」のような人物が取り上げられていたけれど、下巻は少しマニアックな独裁者が取り上げられております。世の中、知らないことだらけだな。

 

この本の目次

第2部 異型の独裁者たち
1 小悪党たち
2 カトリックの独裁者たち
3 頭脳破壊マシン
4 中東の試み
5 死者の書
6 もう1冊の『緑の書』
第3部 崩壊と狂気の時代
1 真夜中の超退屈な庭で
2 北朝鮮 金正日メタフィクション
3 キューバ 究極のおしゃべり野郎、そのなはカストロ
4 イラク サッダーム・フセインヒストリカル・ロマンス
5 ポスト・ソ連 ツァラトゥストラ同志
6 トルクメニスタン すべてが終わった時代の本
第4部 終わりなき死

 

感想

独裁者が記した本を紹介してくれる、そんな本書。上巻に出てくる独裁者は、教科書でも目にすることができるような名前。下巻に出てくるのはニュースに出てくるような独裁者。

 

しかし、知らない独裁者もいるわけでね。

 

アントニオ・サラザール、フランシスコ・フランコ、ホルローギーン・チョイバルサン、クレメント・ゴットワルト、ヨシップ・プロズ・チトー、エンヴェル・ホッジャ。

 

まだまだ知らないことだらけですな。

 

独裁者はこんな本を書いていた 下

独裁者はこんな本を書いていた 下