WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

自転車ロングツーリング入門 2泊3日から大陸走破の長期自転車旅まで

著者:山下晃和
発行元:実業之日本社

 

まとめ

自転車で旅がしたいな。東南アジアを自転車で走り回りたいな。実際の経験から語られる内容は、そんな旅情を掻き立てますな。そして、自転車が欲しくなる!それも、長距離を走りたい!輪行をしたい!そう思える素敵なトラベルエッセイだ!

 

この本を読んだ理由

旅行に行きたいんだよねぇ。そんな気分で手にとった1冊ですな。


目次

Chapter1 僕が旅人になるまで
Chapter2 アジアをめぐる自転車旅
Chapter3 中・南米大陸走破の自転車旅

 

感想

自転車旅行をする人は非常にたくさんいるわけで、そんなエッセイもたくさんあるわけですが、この本の著者はいい感じに肩の力が抜けていてよろしいです。なんでしょうか、坂がきついと「つらい」とぼやきますし、クルマやバスにも乗りたいなぁ…と思ってしまう。そして、乗ってしまう。近くに観光地があれば、ぷらっとよって行く。

 

このゆるさがいいんだよな。

 

自転車の何がいいって、自由なところがいいんだよな。どこに行くのも自由。どんな速さで漕ぐのも自由。

 

疲れたらクルマにだって、電車にだって、船にだって、飛行機にだって乗せることができる。クルマに、電車に、船に、飛行機に自転車を積んで、旅することができる。

 

この自由さがいいんだよな。

著者が綴るのは、この自由さなんだよな。

 

 

自転車ロングツーリング入門

自転車ロングツーリング入門