WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

FACTA 2019.5

 

発行元:ファクタ

 

感想

今月号で面白かったのは、こんな記事。

 

LIXIL日本脱出の証拠」
ぐちゃぐちゃですな、LIXIL。なんだかんだで日本国内がメインの企業なんだから、シンガポールに本社を移しても意味がないんじゃないかと。てか、海外投資家に見捨てられて、企業として終わるんじゃなかろうか。トステムINAXに別れるんじゃなかろうか。

 

「曙破綻トヨタ管理の甘さ露呈」
なんと曙ブレーキが破綻ですよ。私的整理のかな一種であるADRを申請ですよ。甘さブレーキも、経営陣が独裁政治をおこなって、破綻となってしまいましたとさ。NOが言えない空気てこがだめなんだろうな。

 

「共産が劇薬枝野立憲指示急落」
野党は安倍政治を許さない以外に政策の軸はないのかなぁ。ないんだろうなぁ。で、そのダメダメさが有権者に知れ渡っているから、支持が集まらないのだろうな。

 

「くんずほぐれつ参院選東京選挙区」
えーです。山本太郎が当選確実ですと。東京都民、それで良いのか?そして、社民党が玉砕覚悟、比例票を積み上げるために東京選挙区に候補者を立てると???でも、議席も、票も取れずに、社民党はなくなるんだろな。福島瑞穂は立憲民主に鞍替えだろうな。

 

そんな今月号を読んでいたら、読みたくなった本。

 

犬が殺される 動物実験の闇を探る

犬が殺される 動物実験の闇を探る