WEB銭の読書メモなど

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

世界史で学べ!地政学

著者:茂木誠
発行元:祥伝社

 

目次

プロローグ いまなぜ地政学が必要なのか?
第1章 アメリカ帝国の衰退は不可避なのか?
第2章 台頭する中国はなぜ「悪魔」に変貌したのか?
第3章 朝鮮半島 バランサーか、コウモリか?
第4章 東南アジア諸国の合従連合
第5章 インドの台頭は世界をどう変えるのか?
第6章 ロシア 最強のランドパワーが持つ三つの顔
第7章 拡大しすぎたヨーロッパ 統合でよみがえる悪夢
第8章 永遠の火薬庫中東①サイクス・ピコ協定にはじまる紛争
第9章 永遠の火薬庫中東②トルコ、イラン、イスラエル
第10章 収奪された母なる大地アフリカ

 

感想

世の中的な流れでこの本、軽く読んでしまうと「ネトウヨだ!」とか「パヨクだ!」となってしまうのでしょうね。沖縄になぜ、米軍基地があるのか? 韓国がなぜ、バランサー外交というコウモリ外交を行うのか? そんな話を理想論ではなく、「土地のつくり」という現実から、説明してくれる本です。

 

なので、半島は半島だし、島国は島国だし、隣りにある国はずっと隣りにあるのだから、すぐ異様のない現実を突きつけられるようなお話ですが、地政学っていうのはリアリズムなんですよね、と。

 

そんな話が、いきなり初っ端に出てきます。

 

地政学(ジオポリティクス)は、リアリズムの一つです。
国家間の対立を、地理的条件から説明するものです。国境を接していれば、領土紛争や、移民問題が必ず発生する。だから隣国同士は潜在的な敵だ、という考え方です。

 

 

理想論でもなければ、自虐史観でもない。戦勝国が描いた国のお話でもない。
リアルだ、と。
そして、このリアルから生まれたのが帝国主義なんだ、と。

 

地政学は、帝国主義の理論です。国家と国家が国益をかけて衝突するとき、地理的条件がどのように影響するかを論じます。アメリカのマハン、イギリスのマッキンダーが海洋国家(シーパワー)としての地政学を構築しました。海軍による海上交通路(シーレーン)の確保を最重視する理論です。これに対抗する形で、第一次世界大戦の敗戦国ドイツでハウスホーファー大陸国家(ランドパワー)としての地政学を練り上げました。

 

わたし、結構たくさんの本を、それこそ雑食なレベルで読みまくっているのですが、地政学の本ってほとんど読んだことがないのよね。文系で、歴史と地理が大好きなのにね。それは、まだまだ読書のレベルが浅いって話もあるのでしょうが、通っていた小中高が、かなり真っ赤な日教組系の先生に占められていたので、帝国主義の理論である地政学に触れるような話をしてくれなかったんだろうな、なんて思うわけですよ。

 

世界に軍隊がなくなればいい。沖縄からだけ軍隊の基地がなくなればいい。アメリカだけ、核ミサイルをなくせばいい、って。
そういう理論に、染まっていた学校だからね。

 

沖縄から米軍基地がなくなると、アメリカの攻撃力が弱くなると、嬉しくなる国がたくさんあるってことが、この本は教えてくれます。

 

そうそう、この本、というか、地政学(本当か?)はパワーバランスだけでなく、それぞれの国の政治についても教えてくれます。個人的にグサグサ刺さったのがアメリカ。わたし、思想的にはアメリカのリバタリアンに近いんですが、なんで、その世界が好きなのか? ということが、わかりやすく書かれておりました。

 

第二のグループは、土地を求めて渡ってきた貧しい農民たちです。
イギリス本国における貧農は、都市部に流れて産業革命を支える工場労働者となりました。しかし、米国に渡った彼らは無限の原野を切り開き、大自然の脅威や先住民からの反撃に耐える開拓農民となったのです。政府からの保護をあてにせず、丸太小屋を自分で建て、銃を離さず、家族の命も自分で守る。この開拓者精神も、アメリカ人独特のものです。
アメリカの「草の根保守」の源泉がまさにこれです。政府による銃規制や増税に断固反対し、一切の社会保障を求めず、小さな政府をよしとする人たちです。誰にも頼らず、誰も助けないという、究極の自由主義。通常の自由主義(リベラル)とは区別して、リバタリアンとも呼ばれます。彼らも共和党の強固な支持基盤ですが、同性婚や妊娠中絶は「個人の自由」とみなし、宗教右派とは対立関係にあります。

 

そうなんだよな。
わたしは、開拓者精神が好きなのです。

 

色々考えさせられること、教えてくれることが多い本ですが、一番「おお!」となったのは、このフレーズですね。

 

伝統的なランドパワー国家が、海上に打って出て成功した例はありません。

 

アメリカ、日本、イギリスはシーパワー。ドイツ、ロシア、中国はランドパワー。だから、アメリカや、イギリスは地上戦が弱く、ドイツや、ロシアの海軍力は…。今も昔も日本の立ち位置は変わらないので、海洋国家であるのに、陸軍に力を入れた昭和初期は…

それぞれ得手不得手があるってことだな。

 

そうなると、中国は????

 

 

図解 世界史で学べ! 地政学

図解 世界史で学べ! 地政学