カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

トヨタ新型RAV4も、日本登場

SUV、売れ筋ですからねぇ。なんだか、90年代のクロカンブームを思い出しますね。それにしても、カッコいい。RAV4。顔が、タコマ顔ですね。U.S.トヨタのトラック系の顔ですよ。

f:id:kanmani71:20190222112658j:plain

写真はUS仕様(写真:TOYOTA)

toyota.jp

 

ガチライバルは、エクストレイル、CR-VCX-5フォレスターになるのでしょうな。このカテゴリのトップっであるエクストレイルの牙城を崩せるのかどうかが、見ものですね。

ちなみに、2019年1月度の販売台数はこんな感じ。

エクストレイル:3,382

CX-5:3,307

フォレスター:1,594

CR-V:1,287

乗用車ブランド通称名別順位 2019年

 

エクストレイルが最も登場時期が古いのに、一番売れているというのがすごいですね。ゴーンさんのニュースもあったというのに。一方、CR-Vは登場したばかりだというのに、何ということでしょう。。。。デカく、高く成りすぎてしまったらからのでしょうね。

 

ちなみに、米国仕様のRAV4の大きさはこんな感じ。

 

ホイールベース 105.9インチ[2,690mm](現行型+1.2インチ[+30mm])
全長 180.9インチ[4,595mm](同-0.2インチ[-5mm])
全幅 73.0インチ[1,855mm](同+0.4インチ[+10mm])
全高 66.9インチ[1,700mm](同-0.2インチ[-5mm])

(参考:TOYOTA、ニューヨーク国際自動車ショーで新型RAV4を世界初披露

もはや、キムタクがCMしていた頃の初代RAV4のイメージはないですね。初代RAV4、3ドアもあってかっこよかったのですよね。188cm105kgの私にとって、リアシートは修業の場でしたから。

 

パワートレインはこんな感じ。

 

パワートレーンには、TNGAによる直列4気筒直噴エンジンDynamic Force Engine(2.5L)」、8速トランスミッションDirect Shift-8AT」、2.5Lハイブリッドシステム(THSⅡ)を設定。エンジンの高トルク化により、アクセル踏み込み時のレスポンスや加速性能を大幅に向上させたほか、燃焼効率の向上およびトランスミッションの高効率化により、優れた動力性能と低燃費を両立させました。

(参考:TOYOTA、ニューヨーク国際自動車ショーで新型RAV4を世界初披露

 

2.5リッターと2.5リッター+ハイブリッド。ここが日本におけるライバルと違ってきますね。エクストレイルには2リッターが用意されていますし、CR-Vには1.5リッターターボが用意されている、CX-5にはディーゼルエンジンが用意されてますしね。

2.5リッターだと燃費と自動車税がと思ってしまうのですが、そんなところを気にしていちゃダメなんでしょうね。

わたし、ビビリなんで思いっきり気にしてしまいますが。

 

あと、4WDは新型四輪駆動システムである新型E-Fourを搭載しているんですとな。こいつの性能が気になりますね。トヨタなので、ランクルほどとはいかなくても、悪路走破性はしっかりしていると思いますが。

 

あと、安全性ですよね。気になるところとしては。事故を起こさないようにしたい。事故りたくない。もちろん、もらい事故をしたくない。それに、うちの奥様だって運転するのですから、そんな奥様を守りたいのですよ。

そんな新型RAV4に搭載されているのは第2世代のToyota Safety Sense。こいつの出来が気になりますが、プレスリリースに書いてあることはすごいです。

 

新型RAV4は、第2世代の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備し、予防安全性能を高めました。Toyota Safety Senseには、車両に加えて、歩行者検知(昼間・夜間)・自転車検知(昼間)を行い衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」、前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」、車線逸脱による事故予防に貢献するステアリング制御機能付きの「レーンディパーチャーアラート(LDA)」、夜間の前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム(AHB)」、カメラで認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らし、安全運転を促す「ロードサインアシスト(RSA)」などが含まれています。

(参考:TOYOTA、ニューヨーク国際自動車ショーで新型RAV4を世界初披露

 

販売はネッツ店カローラ店

価格はどれくらいになるのかしら?