カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

やってみなはれみとくんなはれ

著者:山口瞳 開高健
発売元:新潮社

 

目次

青雲の志について―小説・鳥井信治郎山口瞳
やってみなはれ―サントリーの七十年・戦後篇(開高健

 

感想

 

サントリーといいますか、寿屋といいますか、サンアドといいますか、サントリーの宣伝をささえ文壇に飛び出していった、山口瞳開高健の著作が収められております。

なんと豪華なのでしょう。

収録されているのは

山口瞳『小説・鳥井信治郎

開高健サントリーの70年・戦後変』

これを読むとサントリーという会社が好きになり、ウィスキーが飲みたくなるわけですよ。

ウィスキーはお好きでしょ

って。

そして、このエッセイといいますか、私小説といいますか、書かれている世界観の素晴らしきこと。

そんな本書で刺さったのが、開高健が書いた編集者の心得ですな。

 

読め。
耳をたてろ。
目をひらいたままで眠れ。
右足で一歩一歩歩きつつ、
左足で跳べ。
トラブルを歓迎しろ。
遊べ。
飲め。
抱け。抱かれろ。
森羅万象に多情多恨たれ。
補遺一つ。女に泣かされろ。
右の諸原則を毎食前食後、
欠かさず暗誦なさるべし。

 

やはり、開高健は偉大だ。

 

 

やってみなはれみとくんなはれ (新潮文庫)

やってみなはれみとくんなはれ (新潮文庫)

 

タイトル:やってみなはれ みとくんなはれ
著者:山口瞳 開高健
発売元:新潮社
おすすめ度:☆☆☆☆☆(いやー、面白い)