カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

スターリンの娘 上巻

著者:ローズマリー・サリバン
発行元:白水社

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)


サリヴァン,ローズマリー
詩人、短篇小説作家、伝記作家、文芸評論家、書評家、コラムニスト。トロント大学の名誉教授であり、グッゲンハイム財団、カマルゴ財団、トルドー財団から奨励金を得ている。また、ローン・ピアス勲章の受章者であり、文学と文化への貢献を認められてカナダ王立協会から表彰され、カナダ四等勲爵子の称号を有する

(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

感想

サブタイトルは「クレムリンの皇女スヴェトラーナの生涯」。

いや、いたでしょうな。
スターリンの娘。

どちらかというと、女好きなイメージがあるので、娘も息子もたくさん、いたことでしょう。

 

イメージ的にはヒトラーの娘とか、東条英機の娘とか、毛沢東の娘とか、そんな感じ。

そういえば、最近、プーチン大統領の娘さんが極秘来日していたのがニュースになっていましたね。プーチン大統領の娘さんも、そのうち、手記とか書いちゃうのでしょうかね?

 

www.huffingtonpost.jp

 

でも、スターリンの娘さん、スヴェトラーナがすごいのは、この人、ソビエトからアメリカに亡命しているの。

 

うそ。まじ?というかんじ。

 

ちょっとした007もしくは、ミッションインポッシブル、はたまたゴルゴ13の世界。

 

上巻はスヴェトラーナ誕生から、ニューデリーのアメリカ大使館に駆け込み、亡命するところまで。

 

スヴェトラーナ自身の数奇な運命も面白いけれど、戦前・戦中・戦後のソビエト社会に関する記述が面白い。

 

 

 

タイトル:スターリンの娘 上巻
著者:ローズマリー・サリバン
発行元:白水社
おすすめ度:☆☆☆☆(すごい人生)