カンマニのWEB銭

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さん「カンマニ」が綴る、仕事とか、読んだ本のこととか、日常とか、世の中に関する忘備録。

Email Marketing Using Email to Reach Your Target Audience and Build Customer Relationship

著者:Jim Sterne , Anthony Priore発行元:Willey Computer Publishing まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 感想 まとめ メールマーケティングの本をいろいろ探している中で、アマゾンで見つけたんですな。この本、発行は2000年。古い。2000年に発行さ…

事例でわかる 新・小売革命

著者:劉潤発行元:中信出版日本株式会社 まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 感想 まとめ 2つの意味でやばいな。まず、1つ目。わたしたちは、少なくとも、わたしは日本の事例で、そして少しのアメリカの事例で満足していた。それがすべてだと思ってい…

ワールド・トレイルズ 世界は歩いてみたい「道」にあふれている

編集:ゲシュタルテン(Gestalten)発行元:グラフィック社 まとめ この本を読んだ理由 感想 まとめ もう、このほんに説明や感想は不要でしょう。帯に書かれている”歩きたくなる「道」がきっと見つかる”という言葉がすべてを表していますな。 この本を読んだ…

池波正太郎が通った「店」

著者:馬場啓一発行元:いそっぷ社 まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 感想 まとめ 池波正太郎さんが通った店を、池波正太郎さんの文章で楽しむ本なのかと思ったら、違ったw 池波正太郎さんが通ったお店を、馬場啓一さんが訪問し、それぞれのお店につ…

DREAMER  阪急・宝塚を創り、日本に夢を咲かせた男

著者:宮徹発行元:WAVE出版 まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 感想 まとめ 小林一三が、21世紀のいまを生きていたら、どんな事業を行っていたのだろうか?少なくとも鉄道事業ではなかったはずだ。今となっては成熟しきったインフラ産業であるが、明…

マッキンゼーが教える科学的リーダーシップ リーダーのもっとも重要な道具は何か?

著者:クラウディオ・フェサー訳者:吉良直人発行元:ダイヤモンド社 まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 感想 まとめ リーダーって生き物はビジョンと夢を語れなくてはだめなんだよな。社長に言われた、部長に言われた、会社の方針だからってのはNGな…

バリューマーチャント 「価値」で勝負するBtoBマーケター

著作:ジェームズ・C・アンダーソン、ニラマルヤ・クマー、ジェームズ・A・ナラス訳者:岡村桂発行元:サウザンブックス まとめ この本を読んだ目的 この本の目次 感想 まとめ ワタシがさがしもとめていたBtoBマーケティングの本って、こういうことなんだと…

ノヤン先生のマーケティング学

著者:庭山一郎発行元:翔泳社 まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 感想 まとめ 私が勝手に師匠だと思っているシンフォニーマーケティングの庭山さんの本。一言でまとめると「すごい」です。マーケティング≒宣伝と捉えられがちな日本にあって「いやいや…

〜1時間で読むマーケティング〜Account Based Marketing 1年で会社の将来を変えるABMのコツ

著者:砂川暁彦 まとめ この本を読んだ理由 この本を目次 感想 まとめ タグラインに「1時間で読むマーケティング」と入っており、実際にすぐに読める本です。が、“接点の有無”と“口座の有無”で作った四象限からターゲットを絞り込み、コミュニケーションを…

それでも自転車に乗り続ける7つの理由

著者:疋田智発行元:朝日新聞社 まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 感想 まとめ 自転車ツーキニスト疋田さんの本。私もツーキニストを目指していましたが、ツーキニストよりもロードバイクで長い距離を走るようになりたいなぁとおもうようになりまし…

Content Chemistry The Illustrated Handbook for Content Marketing

著者:ANDY CRESTODINA発行元:Orbit Media Studios まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 感想 まとめ コンテンツマーケティングの重要な情報を仕入れるべく、洋書のコンテンツマーケティング本を読んでみました。私が求めていたのはコンテンツマーケテ…

FACTA 2020.1

発行元:ファクタ まとめ この本を読んだ目的 感想 まとめ いつのまにか政治色といいますか、政治思想に基づく&偏るような記事は増えてきましたね。そして、昔からそっち側は残念な内容が多かったんですよね。FACTAはやっぱり経済事件を語らせると、経済事件…

クーリエ・ジャポン 2015.2

発行元:講談社 まとめ この本を読んだ理由 感想 まとめ 世界の有名著名な人の愛読書よりも、佐藤優さんがオススメする本の方に惹かれましたな。佐藤優さんも十分に著名人ですけどね。信じる政治思想は異なっても、佐藤優さんのモノの見方・考え方は私知的好…

日経ビジネス 2019.12.23.30合併号

発行元:日経BP社 まとめ この本を読んだ理由 感想 まとめ オリンピックのあとに大きく世の中が変わるだろうねぇ。昭和の時代にできた仕組みがガラッと変わるだろうね。そして、老後を社会に支えてもらおうって考え方が大きく間違っていたということに気がつ…

東京人 2019.9

発行元:都市出版 まとめ この本を読んだ目的 感想 まとめ 駅前のロータリー一つ、駅舎一つ、商店街一つに歴史があるってことですね。いや、歴史じゃないね。思いだね。都市計画とはなんぞや?ということを教えてくれる一冊。 この本を読んだ目的 東京の歴史…

十五の夏 下

著者:佐藤優発行元:幻冬舎 まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 感想 まとめ 青春時代の出来事って、青春時代に出会った素敵な大人って、未来に向かって成長する人間にとっては最高のプレゼントになるんだな。もう青春時代がやってこないおじさんにと…

ドキュメント 道迷い遭難

著者:羽根田治発行元:山と渓谷社 まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 感想 まとめ 自然を相手にする、自然とともに過ごす、趣味。その場合、用心はしてもしすぎないってことですな。あとは何しろ計画ですな。しっかりとした計画をたてること。まぁ、…

決定版 コンピュータサイエンス図鑑

監修者:ヘレン・コールドウェルほか著者:クレール・クイグレー、パトリシア・フォスター発行元:創元社 まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 感想 まとめ いつも何も考えずに使用しているパソコンや、ウェブの技術。なんで動くのかは知らないけれど、…

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解消法

著者:Testosterone発行元:ユーキャン学び出発 まとめ この本を詠んだ理由 この本の目次 感想 まとめ やっぱ、筋トレなんだよ。筋トレ。筋トレしていると、仕事上のモヤモヤしたこととか、一気に消えてなくなるからな。それに、やればやっただけ、記録は上…

第三次世界大戦だなんだかんだと物騒なことが語られているので

アメリカ軍がイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害してから、世界中で「第三次世界大戦開戦か?」なんて語られていますが、我々は(少なくともわたしは)イランのことも、イラン革命防衛隊のことも、コッズ部隊のことも、もっと大…

クーリエ・ジャポン 2015.4

まとめ この本を読んだ理由 感想 発行元:講談社 まとめ やはり世界中の情報がわかりやすくまとめられている雑誌というのは便利でいいですな。そして、ざったな情報をギュッとま止めて伝えるには雑誌というフォーマットがいいんだね。 この本を読んだ理由 ク…

Lightning 2016.9

発行元:エイ出版 まとめ この本を読んだ理由 感想 まとめ 自動車はライフスタイルを作るものなんだよな。それが伝われば、どんなポンコツでもいいんだよな。自動車雑誌がつまらなくなってしまった。その理由が何となく分かる本ですな。 この本を読んだ理由 …

ワールド・トリップ 人生を変える車旅の楽しみ方

編者:ゲシュタルテン発行元:グラフィック社 まとめ 感想 まとめ こういう世界を求めていました。派手な改造はしていない。車で旅をするための最低限の改造だけをしている。そして、世界を旅する。私のやりたいことが詰まっている。 感想 アドベンチャー・…

ポルシェより、フェラーリより、ロードバイクが好き 熱狂と悦楽の自転車ライフ

著者:下野康史発行元:講談社 まとめ この本を読んだ理由 本の目次 感想 まとめ 自転車欲しいわ、やっぱ。ロードバイクではなく、グラベルロードでいいので。いや、ロードバイクだな、やっぱ。そう思わせてくれる1冊。自動車好きの視点で、自転車を語ってく…

Lightning 2017.2

発行元:エイ出版 まとめ この本を読んだ理由 感想 まとめ バンには仕事道具も、夢も詰め込めるからな。そんな生活に憧れるわけよ。そして世代的には、アストロがど真ん中なんだよな。アストロのAWDがほしい。 この本を読んだ理由 表紙のエコノラインにやら…

トリカブト「本庄保険金殺人事件」元捜査一課刑事の回想

著者:大澤良州発行元:宝島社 まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 感想 まとめ この本をドキュメンタリーとしてよむのか? 元刑事の回想録として読むのか? はたまた、警察の内部を知るための本として読むのか? 平成のはじめ、日本中を騒がせた本庄保…

Car MAGAZINE 2019.11

発行元:ネコ・パブリッシング まとめ この本を読んだ理由 感想 まとめ 面白い。なんだ、この面白さ? クルマに対する愛情が凄い。これぞエンスー。いいじゃないか、不公平であって。でも、そのこだわりに不公平感はない。それがいい。 この本を読んだ理由 「…

日経ビジネス 2019.12.16

発行元:日経BP まとめ この本を読んだ理由 感想 まとめ 謝罪の流儀が変わった。謝る企業や政治家、団体と消費者の間に存在していたメディアが力を失ったんだよな。力を失ったのではなく、昔から力がなかったけど、それがバレなかった。いまやネットのおかげ…

独裁者はこんな本を書いていた 下

著者:ダニエル・カルダー訳者:黒木章人発行元:原書房 この本の感想 この本の目次 感想 この本の感想 上巻に引き続き、下巻。上巻は「THE独裁者」のような人物が取り上げられていたけれど、下巻は少しマニアックな独裁者が取り上げられております。世の中…

独裁者はこんな本を書いていた 上

著者:ダニエル・カルダー訳者:黒木章人発行元:原書房 まとめ この本を読んだ理由 この本の目次 この本の感想 まとめ 独裁者が記した本をベースにその社会と歴史に迫る本。ヒトラーや、スターリン、ムッソリーニはなるほどなるほどといった感じだったので…